お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

オススメの時間術「予定を入れすぎない」メリット•デメリット


スポンサーリンク

時間がもっと欲しい。

やるべきことが進まない。

大事なことを忘れてしまう。

 

そんな悩みがある方にオススメの内容です。

一生使える内容です。

よろしくお願いします。

 

 

f:id:maa100:20210908095712j:plain

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

オススメの時間術「予定を入れすぎない」

こんにちは!お金と健康の情報発信をしているまぁです。

今回は、時間についてお伝えします。

 

あなたの今週の予定、今月の予定は空いていますか?

 

予定は多ければ多いほど良いと思っていませんか。

忙しければ忙しいほど良いと思っていませんか。

 

予定はいっぱい入っているけど、自分がやりたいことが全く進んでいないってことはないでしょうか。

 

今回はオススメの時間術を紹介します。

オススメの時間術は予定を入れすぎないことです。

予定がいっぱいあって嬉しいって言うのとは逆の行動を取ります。

 

 

 

 

 

 

予定を入れすぎないメリット・デメリット

予定を入れすぎないメリット・デメリットについてまとめて挙げます。

 

●予定を入れすぎないメリット・デメリット

メリット

・自分がしたいこと、しなければならないことに集中できる

・時間に余裕を持って行動できる

・自分主導で行動できる

・疲れない

・管理するのが楽

・予定忘れがなくなる

・ドタ参できる

 

デメリット

・周りと予定が合わないことがある

 

 

メリット

・自分がしたいこと、しなければならないことに集中できる

何もかもするって言うのは、簡単なことではありません。

自分がしたいこと、しなければならないことに集中しましょう。

 

 

・時間に余裕を持って行動できる

予定がいっぱいより、ある程度予定に余裕がある方が時間に終われずに、精神的にも楽に行動できます。

 

 

・自分主導で行動できる

予定が入っていなかったら自分で入れようとします。

自分で決めて行動した予定の方が、満足度が高いです。

 

 

・疲れない

予定を入れすぎると、自覚はなくても疲れます。

疲れがたまって、体調不良になることもあります。

 

 

・管理するのが楽

手帳でのスケジュール管理も楽です。

 

 

・予定忘れがなくなる

大事な予定を忘れていたっていうのがなくなります。

時間に余裕があると、予定忘れも気づきます。

 

 

・ドタ参できる

予定を空けておけば、急な対応もできます。

これいいなって思ったイベントに急遽参加することもできます。

 

 

デメリット

・周りと予定が合わないことがある

自分の予定を優先しすぎると、周りの予定と合わないことがあります。

適度に調整しましょう。

 

 

 

 

 

 

予定を入れすぎないオススメのスケジュール

予定を入れすぎないオススメのスケジュールについて、まとめて挙げます。

 

●予定を入れすぎないオススメのスケジュール

・一日で1つ

・午前、午後に1つずつで2つ

・朝、昼、夜に1つずつで3つ

 

 

できれば1つか2つ、多くても3つまでにしておきましょう。

もちろん予定の重要度によって、入る予定は変わってくるでしょう。

あまりにも多ければ予定をキャンセルする、予定をずらすことをオススメします。

 

 

予定が空いているくらいで、ちょうどいいです。

何をしようかなと、自分で行動を起こし始めます。

焦っていないので、精神的にも落ち着いて、物事を進められます。

 

どうしても、たくさんの予定を入れてしまいたい気持ちはわかります。

しかし、一人の人間ができることは限界があります。

 

僕は、ついついギリギリの予定を入れてしまうクセがあります。

だいぶ減ってきましたが、もっと余裕を持って行動していきたいところです。

 

 

予定を入れすぎて、何が起こるかわかりますか?

体調不良になる、ミスをする、大事なことを忘れてしまうなど良くないことが起こります。

良くないことが起こらないためにも、予定を入れすぎないようにしましょう。

 

そんなこと言っても、ジャンジャン予定が入ってくるって方もいるでしょう。

予定を入れすぎないためには、予定を断ることも大事です。

本当に大事な予定なら例え断っても、予定は、また入ってきます。

今の自分に、本当に必要な予定を入れましょう。

 

 

 

 

 

 

まとめ

今回はオススメの時間術「予定を入れすぎない」メリット・デメリットをお伝えしました。

 

オススメの時間術を紹介しました。

オススメの時間術は予定を入れすぎないことです。

予定がいっぱいあって嬉しいって言うのとは、逆の行動を取ります。

 

 

予定を入れすぎないオススメのスケジュールについて、まとめて挙げました。

 

●予定を入れすぎないメリット・デメリット

メリット

・自分がしたいこと、しなければならないことに集中できる

・時間に余裕を持って行動できる

・自分主導で行動できる

・疲れない

・管理するのが楽

・予定忘れがなくなる

・ドタ参できる

 

デメリット

・周りと予定が合わないことがある

 

 

予定を入れすぎないオススメのスケジュールについて、まとめて挙げました。

 

●予定を入れすぎないオススメのスケジュール

・一日で1つ

・午前、午後に1つずつで2つ

・朝、昼、夜に1つずつで3つ

 

 

できれば1つか2つ、多くても3つまでにしておきましょう。

もちろん予定の重要度によって、入る予定は変わってくるでしょう。

あまりにも多ければ予定をキャンセルする、予定をずらすことをオススメします。

 

 

そんなこと言っても、ジャンジャン予定が入ってくるって方もいるでしょう。

予定を入れすぎないためには、予定を断ることも大事です。

本当に大事な予定なら例え断っても、予定は、また入ってきます。

今の自分に、本当に必要な予定を入れましょう。

 

 

少しずつ行動し、楽しく時間を使っていきましょう。

継続すれば、確実に時間を大事に使えます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

今週のお題「今月の目標」


スポンサーリンク