お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

サラリーマンの辛い仕事を楽にする方法「仕事を減らす」


スポンサーリンク

あなたは仕事が好きですか?

一生の仕事をサラリーマンで終える方は多いです。

サラリーマンの仕事を辛いって感じる方もいるでしょう。

 

そんなサラリーマンの仕事を楽にする方法をお伝えします。

一生使える内容です。

よろしくお願いします。

 

 

f:id:maa100:20210906181409p:plain

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

サラリーマンの辛い仕事を楽にする方法「仕事を減らす」

こんにちは!お金と健康の情報発信をしているまぁです。

 

今回は、仕事についてお伝えします。

仕事は、お金と健康に深く関わります。

 

会社員、サラリーマンの方へ。

仕事、どんどん増えていませんか?

しなくていい仕事していませんか?

 

最近、僕がサラリーマンとして取り組んでいることをお伝えします。

取り組んでいることとは、仕事を減らすことです。

サラリーマンの辛い仕事を楽にする方法「仕事を減らす」を紹介します。

 

 

 

 

 

 

仕事を減らすメリット・デメリット

仕事を減らすメリット・デメリットについてまとめて挙げます。

 

●仕事を減らすメリット・デメリット

メリット

・時間ができる

・体の負担が減る

・他のことに集中できる

・仕事をすれば、給料が上がるわけではないことに気づく

・優先順位がつけられる

・本当にしなければならない仕事がわかる

 

デメリット

・仕事をしていない風に思われる

 

 

メリット

・時間ができる

仕事を減らせば、時間ができます。

同じだけ給料がもらえて、仕事にかかる時間を減らすことができたら、時給が上がるのと同じです。

 

 

・体の負担が減る

言うまでもありませんが、仕事が減れば体の負担は減ります。

仕事の体の負担が減れば、仕事以外の時間を充実させることもできます。

プライベートを楽しんでも良いでしょう。

他の仕事に取り組むのも良いでしょう。

 

 

・他のことに集中できる

空いた時間に、他の仕事、しなければならない仕事に集中できます。

 

 

・仕事をすれば、給料が上がるわけではないことに気づく

仕事をしたからと言って、必ず給料が上がるわけではないです。

 

 

・優先順位がつけられる

全ての仕事を完璧にやっているほど、時間はありません。

仕事の優先順位をつけることができます。

 

 

・本当にしなければならない仕事がわかる

義務だからしている仕事はありませんか?

その仕事、本当に自分がしないといけませんか?

他の人ではできませんか?

 

 

デメリット

・仕事をしていない風に思われる

全く気にしなくて良いでしょう。

やるべきことに集中しましょう。

 

 

 

 

 

 

仕事を減らす8つの方法

では実際に仕事を減らすにはどうすれば良いのでしょうか?

仕事を減らす8つの方法を紹介します。

 

●仕事を減らす8つの方法

・ 仕事を把握する

・ いらない仕事はしない

・ 仕事を削る

・ 他の誰かに振る

・ 機械に任せる

・ 仕事をまとめる

・ 余計なことは言わない

・ 仕事を増やさない

 

 

・ 仕事を把握する

仕事を減らす前に、自分のすべき仕事は何なのか、わかっていますか?

まずは自分の仕事を把握しましょう。

まずは自分の仕事を知ることからです。

自分の仕事を知ることが、仕事を減らす第一歩になります。

 

 

・ いらない仕事はしない

いらないと思ったものは、やらないのも一つの方法です。

本当にやらなくてはならないのなら、またやるでしょう。

 

 

・ 仕事を削る

たとえ、5分でも10分でも仕事を少なくするだけで、体や心の負担が減ります。

頭を使わなくても良いでしょう。

 

 

・ 他の誰かに振る

これは自分じゃないとできない!そう思っている方はいませんか?

そんなことありません。

誰かはできます。

自分より上手く早くできる方はいます。

 

 

・ 機械に任せる

単純作業であれば、ロボット、機械、AIに任せるのも一つの方法です。

 

 

・ 仕事をまとめる

これとこれは、よく似た仕事って思ったら、仕事をまとめてみましょう。

 

 

・ 余計なことは言わない

仕事が増える場合もあります。

余計なことを言う時間があったら、目の前にある仕事をさっさとやってしまいましょう。

 

 

・ 仕事を増やさない

減らす前に大事なことが仕事を増やさないことです。

あなたは、イエスマンになって、やらなくていい仕事を引き受けていませんか?

自分で何もかも、やった方が早いは、相手が成長するチャンスを奪っている場合もあります。

 

 

なぜ仕事を減らそうと考えたのでしょうか。

今の仕事は、どれだけ仕事を頑張ったとしても、稼げる額がある程度決まっているからです。

仕事は成果報酬ではなく、決まった額しかもらえないって方は多いのではないでしょうか。

だったら、できる限り仕事を減らそうって思いました。

決してさぼっているわけではありません。

 

一生懸命やってもやらなくても給料はそんなに変わらない、下手したら一生懸命やっている方が、給料が少ないこともあります。

一生懸命やっている方が、不健康になり、体を壊してしまうこともあります。

 

 

仕事を減らす最大のポイントは、一生懸命働くのはなく、賢く働くことです。

どうすれば仕事を減らせるのか?

どうすれば仕事が楽になるのか?

頭を使って考えましょう。

 

僕自身は、今までしなくていい仕事をたくさんしてきました(^^;;

たくさんの仕事をしない方がいいのか?そんなことはありません。

たくさん仕事をしたから、わかるっていうのもあります。

 

 

仕事を増やすことより、減らすことの方が難しいでしょう。

仕事を減らすのが目的になってはいけませんが、減らせる仕事はたくさんあります。

減らすと、後が楽です(^ ^)

また仕事が増えてきても、しなければならない仕事と、しなくていい仕事の見分けがつきます。

 

 

仕事にマンネリ化してきた、仕事に限界が見えてきた、そんな方は仕事を減らす方法に取り組んでみてはいかがでしょうか。

新たな刺激となり楽しめる方もいるでしょう。

 

仕事を減らすことは、時給を増やすと同じことです。

まずは、一つでも仕事を減らすのに取り組んでみましょう。

 

 

 

 

 

 

まとめ

今回はサラリーマンの辛い仕事を楽にする方法「減らす」をお伝えしました。

 

会社員、サラリーマンの方へ。

仕事、どんどん増えていませんか?

しなくていい仕事していませんか?

 

 

最近、僕がサラリーマンとして取り組んでいることをお伝えしました。

取り組んでいることとは、仕事を減らすことです。

 

 

仕事を減らすメリット・デメリットについてまとめて挙げました。

●仕事を減らすメリット・デメリット

メリット

・時間ができる

・体の負担が減る

・他のことに集中できる

・仕事をすれば、給料が上がるわけではないことに気づく

・優先順位がつけられる

・本当にしなければならない仕事がわかる

 

デメリット

・仕事をしていない風に思われる

 

では実際に仕事を減らすにはどうすれば良いのでしょうか?

仕事を減らす8つの方法を紹介しました。

 

●仕事を減らす8つの方法

・ 仕事を把握する

・ いらない仕事はしない

・ 仕事を削る

・ 他の誰かに振る

・ 機械に任せる

・ 仕事をまとめる

・ 余計なことは言わない

・ 仕事を増やさない

 

仕事を減らす最大のポイントは、一生懸命働くのはなく、賢く働くことです。

どうすれば仕事を減らせるのか?

どうすれば仕事が楽になるのか?

頭を使って考えましょう。

 

 

仕事を増やすことより、減らすことの方が難しいでしょう。

仕事を減らすのが目的になってはいけませんが、減らせる仕事はたくさんあります。

減らすと、後が楽です(^ ^)

また仕事が増えてきても、しなければならない仕事と、しなくていい仕事の見分けがつきます。

 

 

仕事にマンネリ化してきた、仕事に限界が見えてきた、そんな方は仕事を減らす方法に取り組んでみてはいかがでしょうか。

新たな刺激となり楽しめる方もいるでしょう。

 

仕事を減らすことは、時給を増やすと同じことです。

まずは、一つでも仕事を減らすのに取り組んでみましょう。

 

 

少しずつ行動し、仕事を楽にしていきましょう。

継続すれば、確実に仕事を楽にできます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

 

今週のお題「爆発」


スポンサーリンク