お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

【最速】本を安く早く買う「Amazon」のメリット•デメリット


スポンサーリンク

今ではなくてはならないサービスと言えば、ネットショッピングですよね。

一度その便利さに気づいてしまうと、なくてはならないものです。

今回は、ネットショッピング大手であるAmazonについてお伝えします。

 

 

f:id:maa100:20200516143725j:plain

 

 

目次

 

 

 

  

 

インターネットショッピングはどこを使いますか?

こんにちは!お金と健康の情報発信をしている まぁ です。

今回は、お金に関わるについてお伝えします。

 

あなたはインターネットショッピングはどこを使いますか?

 

Amazonですか?

楽天市場ですか?

Yahoo!ショッピングですか?

 

 

大手インターネットショッピングサイトと言えば、上記の3つではないでしょうか?

1つも使わない、1つだけ使う、全て使うという人もいるでしょう。

 

僕はAmazon楽天市場Yahoo!ショッピング全て使ったことがあります。

僕は、メインは楽天を使っています。

楽天は、このブログで何度も紹介しています。

 

今回はAmazonを使うようになったきっかけを紹介します。

 

 

  

 

 

Amazonを使って欲しい本を安く買う方法

僕は基本的には楽天ユーザーですので、インターネットでの買い物は主に楽天を使っています。

しかし、楽天では売っていないものもあります。

 

それは「本」です。

 

楽天より圧倒的に本の品揃えが多いのがAmazonです。

楽天にはなくて、Amazonには欲しい本がありました。

欲しい本があったことがAmazonを使うようになったきっかけです。

 

本は、待てば楽天でも出てくるかもしれません。

しかし欲しかった本は、中古品しか出回っておらず、数に限りがありました。

また、すぐに欲しかったのでAmazonで注文しました。

 

欲しい本があるとして、Amazonに売っていなかったらどこに売っているのだろうというくらい大きな本屋さん、本を取り扱う会社になっています。

 

欲しい本があればまず、Amazonで調べます。

商品を買った人の評判などを参考にできるのも非常に良い点です。

商品レビューを参考にして、本を買っている人は多いのではないでしょうか。

 

ついでに僕自身がAmazonで最初に買った本は

高岡英夫 著の「センター・体軸・正中線―自分の中の天才を呼びさます」です。

 

 

 

 

古い本ですが、新品の本が売っていなくて、元々の定価より高値で販売されています。

そんな本も含めて取り扱っているのがAmazonです。

 

 

 

 

  

Amazonのメリット・デメリット

Amazonを使い続けて7年になります。

今まで買ったことがある物、使ったことのあるサービスを紹介します。

 

 

Amazonで買ったことがあるもの

・本(新品、古本)

・靴

・CD

・DVD

・日用品

スマホグッズ

・お菓子類

 

 

 ●使ったことがあるサービス

Amazon.co.jp: Amazon Prime

www.amazon.co.jp

 

 

200万冊以上が読み放題、Amazonのオススメのサービス

Kindle Unlimited

 

 

 

本は聴いて読む、Amazonオーディブルについての詳細はこちら

 

Amazon.co.jp: Audible オーディオブック

 

 

 

今までAmazonを使ってきたメリット・デメリットをまとめて挙げます。

Amazonのメリット・デメリット

メリット

・欲しい本Amazonを探せば、だいたいある

・本の評判がわかる

・最安値で買える

・関連商品がわかる

・本の著者の他の本がわかる

Amazon Primeに入ると、注文した物がすぐ届く

・ワンクリックで注文できる

 

デメリット

・関連商品を勧めてくる

・関連商品が買いたくなる

・不良品が届いた(→送料無料で返品できた)

・知らない間に会員になっており、金額を請求された?(→キャンセルできた)

 

 

デメリットもありますが、Amazonは現在世界でトップ5に入る大きな会社です。

Amazonを上手に使っていくことは、今後生活していく上で便利さ、安く商品・サービスを使うためにも重要となっていくでしょう。

 

今後、注目しているサービスといえば

Amazon GO…「レジに人がいない無人コンビニ」

Amazonプライムエアー…およそ2.3kgまでの荷物を、24kmの範囲内でプライム会員に30分以内で自動配達してくれる電動ドローン

 

といったサービスが今後日本で開始されるのが楽しみです。

 

 

  

 

 

まとめ

今回はインターネット通販の大手であるAmazonについて紹介させて頂きました。

Amazonといえば、インターネット通販会社です。

Amazonはネット通販の中でも、圧倒的な品数を誇る「本」があります。

 

今までAmazonを使ってきたメリット・デメリットをまとめて挙げました。

 

Amazonのメリット・デメリット

メリット

・欲しい本Amazonを探せば、だいたいある

・本の評判がわかる

・最安値で買える

・関連商品がわかる

・本の著者の他の本がわかる

Amazon Primeに入ると、注文した物がすぐ届く

・ワンクリックで注文できる

 

デメリット

・関連商品を勧めてくる

・関連商品が買いたくなる

・不良品が届いた(→送料無料で返品できた)

・知らない間に会員になっており、金額を請求された?(→キャンセルできた)

 

現在Amazonは世界でトップ5に入る大きな会社です。

大きな会社とお付き合いしていくことは、便利さや、安く商品の購入・サービスを使うためにも重要です。

まだまだ大きくなり、存在感が出てくることが予想されます。

今後のAmazonに注目です。

 

ネット通販を上手に使うことで、お金の節約、時間の節約、また上手に買い物をしていきましょう。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

  

 

 

 

 

 

今週のお題「読書の秋」


スポンサーリンク