お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

東日本大震災から10年、今やるべき5つこと「過去•現在•未来」


スポンサーリンク

過去を振り返り、現在・未来に活かす方法を紹介します。

10年目という節目を意識して、今を大事に生きましょう。

一生使える内容です。

よろしくお願いします。

 

 

f:id:maa100:20210317083307p:plain

 

 

目次

 

 

 

 

東日本大震災から10年経過、10年前を振り返る

2021年3月11日で東日本大震災から10年が経ちました。

テレビのニュースや新聞を見て、地震津波の影響と被害の大きさを改めて知りました。

「関連死」を含めた死者と行方不明者は22000人とのことで、被害の大きさがわかります。

自分が大人になって、社会のことを考えるようになったこともあります。

10年経ったことで、色々と考えさせられました。

 

では震災で亡くなった方や被害に遭った方のため、自分ができることは一体なんでしょうか?

 

今回は東日本大震災から10年が経ち、今やっておきたいことをお伝えします。

 

 

 

 

 

 

東日本大震災から10年、今やるべき5つこと

東日本大震災から10年、今やるべきことをお伝えします。

自分たちができることを5つにまとめてみました。

 

東日本大震災から10年、今やるべき5つこと

①10年前の東日本大震災を振り返る

地震対策、防災対策をする

③自分の10年前を振り返る

④10年先に自分がどうなりたいか?

⑤今を生きる

 

 

①10年前の東日本大震災を振り返る

東日本大震災から10年が経ちました。

まず、過去を振り返ることです。

東日本大震災で何が起きたか改めて確認しましょう。

 

 

地震対策、防災対策をする

東日本大震災を教訓として、同じ被害に遭わないためには地震対策、防災訓練しかありません。

できること一つでもやりたいところです。

 

 

③自分の10年前を振り返る

あなたは、10年前の3月11日、どこで何をしていましたか?

過去のことなので忘れてしまいがちです。

過去のことを忘れないためにも、振り返りましょう。

 

余裕のある方は、10年間を振り返ってみてもいいでしょう。

 

あなたは、10年間で成長しましたか?

あなたは、10年間で何が変わりましたか?

 

 

④10年先に自分がどうなりたいか?

未来、10年後、自分がどうなりたいか?

10年先なんてわかんないよって方もいるでしょう。

しかし、わかることもあるはずです。

 

10年先ではなく、5年先、3年先でも良いでしょう。

先を見据えつつ、今を大事に生きていきましょう。

 

 

⑤今を生きる

東日本大震災で亡くなった方や被害に遭った方のために、何ができるでしょうか?

ボランティア活動や、募金もあるでしょう。

他にも大事なことがあります。

現在、今を必死に生きることです。

亡くなった方のためにも、今を大事に生きていきましょう。

 

 

 

 

10年という節目で、理学療法士が今やるべき5つ

10年、今やるべき5つのことを理学療法士の僕の内容をお伝えします。

よければ参考にしてください。

 

①10年前の東日本大震災を振り返る

テレビや新聞のニュースで振り返りました。

改めて被害の大きさを知りました。

一生忘れないようにします。

 

 

地震対策、防災対策をする

地震対策、防災対策についての記事も書いています。

 

地震対策、防災対策については

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

③自分の10年前を振り返る

僕は10年前に何をしていたかお伝えします。

就職して3年目が終わるころ、理学療法士3年目が終わるころです。

理学療法士として、なんでも治せるように必死で勉強していたことと、遊ぶことしか頭になかった時期です。

 

仕事では理学療法士以外にトレーナーやセミナー運営、セミナー講師、ブログに挑戦してきました。

 

プライベートでは、初めての海外旅行で確かハワイ?に行く前でした。

それから、なんと10年間で7回も海外に行きました。

 

僕は10年間で大きく変わりました。

 

 

④10年先に自分がどうなりたいか?

もっと自由になりたいです。

お金、健康についてもです。

 

具体的にはサラリーマンを辞めて、自分の力で稼げるようになりたいです。

あと、結婚していたいですね(^ ^)

 

 

⑤今を生きる

毎日の積み重ねが将来につながると考えています。

やることはやる、やらないことはやらないようにしないと時間はどれだけあっても足りません。

自分が今すべきことを集中します。

 

 

僕の10年という節目で、理学療法士が今やっておきたい5つを簡単に紹介しました。

もっと詳しくもできますが、まずはざっくりと5つのことをやってみることをオススメします。

 

 

なかなか過去のことを振り返ることってありません。

こんな時だからこそ、過去を振り返ってみてはいかがでしょうか。

過去を振り返って、今、未来に活かしていきましょう(^ ^)

 

 

●インターネットショッピングで防災対策グッズを探す

Amazon.co.jp: 防災グッズ

楽天市場:防災グッズ

Yahoo!ショッピング:防災グッズ

 

 

 

 

 

 

まとめ

今回は東日本大震災から10年、今やるべき5つこと「過去・現在・未来」

をお伝えしました。

 

2021年3月11日で東日本大震災から10年が経ちました。

テレビのニュースや新聞を見て、地震津波の影響と被害の大きさを改めて知りました。

「関連死」を含めた死者と行方不明者は22000人とのことで、被害の大きさがわかります。

 

10年経ったことで、色々と考えさせられました。

 

では震災で亡くなった方や被害に遭った方のため、自分ができることは一体なんでしょうか?

 

東日本大震災から10年、今やるべきことをお伝えします。

自分たちができることを5つにまとめてみました。

 

東日本大震災から10年、今やるべき5つこと

①10年前の東日本大震災を振り返る

地震対策、防災対策をする

③自分の10年前を振り返る

④10年先に自分がどうなりたいか?

⑤今を生きる

 

なかなか過去のことを振り返ることってありません。

こんな時だからこそ、過去を振り返ってみてはいかがでしょうか。

過去を振り返って、今、未来に活かしていきましょう(^ ^)

 

 

●インターネットショッピングで防災対策グッズを探す

Amazon.co.jp: 防災グッズ

楽天市場:防災グッズ

Yahoo!ショッピング:防災グッズ

 

 

少しずつ行動し、人生を楽しくしていきましょう。

継続すれば、確実に人生が楽しくなるでしょう。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 


スポンサーリンク