お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

【確実】サラリーマンのストレスを解消し、疲労を回復する方法


スポンサーリンク

働いている全ての方に知ってほしい内容です。

あなたが健康になるきっかけになります。

一生使える内容です。

よろしくお願いします。

 

 

f:id:maa100:20220320142112j:plain

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

疲労を取る方法「仕事をしない」

こんにちは!お金と健康の情報発信をしているまぁです。

今回は、健康と疲労についてお伝えします。

 

サラリーマンのストレスと疲労を取る方法を紹介します。

 

ストレスと疲労を取る方法とは仕事をしないことです。

 

仕事をしないってことはどう言うことでしょうか?

 

 

 

 

 

 

働きすぎが体に与える影響

働きすぎが体に与える影響についてお伝えします。

 

●過労死ラインを守らない場合、労働者の体はどうなる?

次のような過労の初期症状が見られる場合には、使用者も労働者も注意しなければなりません。

過労死ラインとされる労働時間に達しなくても、初期症状が出る場合があるため、労働時間と実際の労働者の様子、両方に気を配る必要があります。

 

(1)疲れがとれなくなっている

(2)記憶力が低下し、アイデアを創出することができなくなる
(3)機転が利かなくなり、うっかりミスをしてしまうことが多くなる
(4)イライラや不安が多くなり、人間関係がぎくしゃくし始める
(5)夜になっても仕事を忘れられず、緊張状態が続いてしまう
(6)睡眠の質が悪くなる

 

 

さらに働き、疲労の蓄積が多くなると、次のような症状が現れます。

このような状態になったら使用者は労働者にすぐ休みをとらせます。

労働者本人からの自己申告もそうですが、周囲が気づき、積極的に休みをとるようにすすめることも重要です。

 

(1)全身がだるく、ボーっとしてしまうことが多くなる
(2)食事が楽しくなくなり、食欲がなくなる
(3)免疫力が低下し、病にかかりやすくなる
(4)自律神経が乱れ、動悸やめまい、胃腸障害などの体調不良が顕著に感じられる
(5)正常な判断ができなくなり、うつ病不眠症になり、自殺を考えるようになる

 

このような状態は過労死のサインとされていますが、人によっては日常的に起こる体調不良や感情の起伏だと捉えてしまうこともあります。

労働者自身が気づかないうちに疲れが蓄積し、突然過労死してしまうケースもあります。

過労はときにパワハラや職場の人間関係なども絡んでくる問題なので、労働者自身のセルフケアだけで対処することは困難です。

経営者や管理監督者がしっかりと法律を意識し、労働環境を整えていくことが重要です。

 

過労死ラインとは――2021年の大綱変更を反映して解説 - 『日本の人事部』

 

 


 

 

 

サラリーマンのストレスと疲労を取る方法

僕はサラリーマンとして働いています。

サラリーマン以外にも、仕事以外の時間や休みの日にブログを書いたり、資産運用をしています。

 

サラリーマンにかける時間と労力は、かなり少なくできるようになりましたが、ブログや資産運用も実際は働いているようなものです。

好きだから良いですが、サラリーマン+ブログ+資産運用を合算すると、めちゃくちゃ時間をかけています。

簡単に言うと、働きすぎではないかって気づき始めました(^^;;

 

働きすぎの何が良くないかと言うと、オフではなく、オンの状態が続きます。

ブログや資産運用の何が良くないかと言うと、頭は動かしていますが、体を動かしていません。

僕の場合は体を動かす習慣を作っていますが、それでも足りていないことに気づきました。

健康のために、どう考えても良くありません。

 

 

ではサラリーマンのストレスと疲労を取るために、どうすれば良いのでしょうか?

 

答えは一つです。

仕事をしないことです。

 

仕事を休みます。

残業せずに早く帰ります。

休憩時間をしっかりと取ります。

 

人によっては転職を選択する方もいるでしょう。

 

 

 

有給の取り方については

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

定時に帰る方法については

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

転職については

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

しかし、少しくらい休んだからと言って、疲労が取れるわけではありません。

長年の疲労が溜まっている方もいるでしょう。

積極的に休みましょう。

とにかく休みましょう。

 

 

休んで何をするのでしょうか?

休んでから考えましょう(^ ^)

まずは、仕事から離れることを考えましょう。

 

 

僕個人的には、若いうちに頑張るのも良いですが、年齢重ねても働ける状態にしておく方が、心身ともに良いのではないかと考えています。

短い時間で、長い期間に働くと言う考え方です。

 

 

仕事をしないのも仕事です。

仕事をしないことで、疲労回復、ストレス発散でき健康になれば、仕事をするときに仕事の効率が上がります。

今すぐ、仕事を休みましょう(^ ^)

 

 

 

 

 

 

まとめ

今回は【確実】サラリーマンのストレスを解消し、疲労を回復する方法をお伝えしました。

 

サラリーマンのストレスと疲労を取る方法を紹介しました。

ストレスと疲労を取る方法とは仕事をしないことです。

 

 

働きすぎが体に与える影響についてお伝えしました。

 

●過労死ラインを守らない場合、労働者の体はどうなる?

(1)疲れがとれなくなっている

(2)記憶力が低下し、アイデアを創出することができなくなる
(3)機転が利かなくなり、うっかりミスをしてしまうことが多くなる
(4)イライラや不安が多くなり、人間関係がぎくしゃくし始める
(5)夜になっても仕事を忘れられず、緊張状態が続いてしまう
(6)睡眠の質が悪くなる

 

さらに働き、疲労の蓄積が多くなると、次のような症状が現れます。

(1)全身がだるく、ボーっとしてしまうことが多くなる
(2)食事が楽しくなくなり、食欲がなくなる
(3)免疫力が低下し、病にかかりやすくなる
(4)自律神経が乱れ、動悸やめまい、胃腸障害などの体調不良が顕著に感じられる
(5)正常な判断ができなくなり、うつ病不眠症になり、自殺を考えるようになる

 

 

ではサラリーマンのストレスと疲労を取るために、どうすれば良いのでしょうか?

 

答えは一つです。

仕事をしないことです。

 

仕事を休みます。

残業せずに早く帰ります。

休憩時間をしっかりと取ります。

 

人によっては転職を選択する方もいるでしょう。

 

 

仕事をしないのも仕事です。

仕事をしないことで、疲労回復、ストレス発散でき健康になれば、仕事をするときに仕事の効率が上がります。

今すぐ、仕事を休みましょう(^ ^)

 

 

少しずつ行動し、仕事を休みましょう。

継続すれば、確実に健康になれます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

今週のお題「買いそろえたもの」


スポンサーリンク