お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

【超有料級】国家資格「理学療法士」に安くなる方法


スポンサーリンク

理学療法士になりたい方、資格の取得を目指しているって方は、絶対にチェックしたい内容です。

何十万、何百万とお得になる超有料級の内容です。

よろしくお願いします。

 

 

f:id:maa100:20220317115141p:plain

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

理学療法士に安くなる方法「教育給付金制度」

こんにちは!お金と健康の情報発信をしているまぁです。

今回は、理学療法士に安くなる方法についてお伝えします。

僕は医療従事者で、リハビリ•運動指導の専門家の理学療法士です。

10年以上の経験があります。

 

そんな理学療法士が見つけた資格取得に使える節約術を紹介します。

理学療法士に安くなる方法とは、教育給付金制度を使うことです。

 

●教育給付金制度とは?

働く人の主体的な能力開発の取り組み又は中長期的なキャリア形成を支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とし、教育訓練受講に支払った費用の一部が支給されるものです。

 

教育訓練給付制度|厚生労働省より

 

 

 

 

 

 

 

国から支援を受けられる主な資格•講座リストとお金

わかりにくいので、教育訓練給付金制度の目的と手段を紹介します。

 

教育訓練給付金制度の目的と手段

 目的:スキルアップ、失業・再就職対策のため

 手段:自己投資の費用を一部キャッシュバックする

 

 

国から支援を受けられる主な資格•講座リストを紹介します。

●国から支援を受けられる主な資格•講座リスト

f:id:maa100:20220317115312p:plain教育訓練給付制度|厚生労働省より

 

 

資料を見てわかるように、理学療法士は医療・社会福祉・保険衛生関係の資格や講座の中の赤文字に含まれています。

赤文字の資格や講座、費用最大70%(最大224万円)支援となっています。

 

 

 

 

 

 

本当に理学療法士に安くなれるのか?

本当に理学療法士に安くなれるのか?

インターネットを使って、「教育訓練給付金制度 理学療法士」と検索をしました。

教育機関のホームページをチェックしましたが、本当に安く理学療法士なれるようでした。

 

しかも、何百円というお金が戻ってきます。

何万円とか、何十万円ではありませよ!

何百万円です!

 

 

理学療法士になるためには、多くのお金が必要です。

理学療法士の仕事は、がっつり稼げる仕事ではないので、この戻ってくるお金は、めちゃめちゃ大きいです(^ ^)

 

僕はこんなお得な制度があるとは知りませんでした(^^;;

教育給付金対象のもので、自分が使いたいものがあるなら、絶対に一度社会人になって働いてから、目指したいところです。

 

僕は高校卒業して、理学療法士になっているので、この制度を知って、びっくりしました(^^;;

教育給付金制度を使っていないので、めちゃくちゃもったいないです(^^;;

理学療法士になりたいなら、絶対にこの制度を使って目指すべきでしょう。

 

もしこの制度を使わなくても全くリスクはありません。

今すぐ調べてみるのをお勧めします!

 

 

 

 

 

 

まとめ

今回は【超激安】国家資格「理学療法士」に安くなる方法をお伝えしました。

 

理学療法士に安くなる方法とは、教育給付金制度を使うことです。

 

教育訓練給付金制度の目的と手段を紹介しました。

 

教育訓練給付金制度の目的と手段

 目的:スキルアップ、失業・再就職対策のため

 手段:自己投資の費用を一部キャッシュバックする

 

 

国から支援を受けられる主な資格•講座リストを紹介します。

●国から支援を受けられる主な資格•講座リスト

f:id:maa100:20220317115312p:plain

 

 

教育給付金対象のもので、自分が使いたいものがあるなら、絶対に一度社会人になって働いてから、目指したいところです。

 

 

もしこの制度を使わなくても全くリスクはありません。

今すぐ調べてみるのをお勧めします!

 

 

少しずつ行動し、楽しく教育給付金活用制度を使っていきましょう。

継続すれば、確実にお金の節約ができます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

今週のお題「わたしのコレクション」


スポンサーリンク