お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

【年末】ふるさと納税で失敗しないオススメのタイミングと方法


スポンサーリンク

ふるさと納税をするなら知っておきたいオススメの内容を紹介します。

少しでもお得に、失敗せずにふるさと納税したい方は是非チェックして下さい。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

ふるさと納税のオススメのタイミング

こんにちは!お金と健康の情報発信をしている まぁ です。

今回は、お金に関するふるさと納税についてお伝えします。

 

あなたはふるさと納税をしていますか?

 

今回は、ふるさと納税するタイミングについてお伝えします。

ふるさと納税で失敗しないオススメのタイミングは年末です。

 

 

 

 

 

 

ふるさと納税」失敗しないオススメの方法

僕はふるさと納税は、楽天ふるさと納税を使っています。

なぜ楽天ふるさと納税を使っているかと言うと、楽天ポイントがめちゃめちゃ貯まるからです。

自己負担額となる2000円分も十分に取り返せます。

 

 

楽天ふるさと納税に関しては

money-health.hatenablog.com

を合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

僕が実際にふるさと納税をするまでにやっている方法を紹介します。

是非参考にして下さい。

 

 

●「ふるさと納税」失敗しないオススメの方法

①家族に何が欲しいか聞く

楽天ふるさと納税で返礼品を探す

④昨年の寄付金額を見る

⑤1年間の給与明細をもらう

楽天ふるさと納税シュミレーターを使う

ふるさと納税を全て終わらせる

⑧返礼品が届く

⑨確定申告する

 

 

①家族に何が欲しいか聞く

僕は、ふるさと納税の返礼品を選ぶときに、家族に欲しいものを聞いています。

プレゼントしているからです。

12月になると、何が欲しいか必ず聞くようにしています。

 

 

プレゼントする理由については

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

楽天ふるさと納税で返礼品を探す

楽天ふるさと納税で返礼品を探し始めます。

良いなと思ったら、買い物かごに入れます。

 

 

④昨年の寄付金額を見る

1年間の給与や控除が大きく変わっていなければ、昨年の寄付金額くらいは寄付できると予想できます。

限度額を超えないように、ふるさと納税していって良いでしょう。

 

 

⑤1年間の給与明細をもらう

僕は、会社から年間の給与明細をもらっています。

賃金台帳兼源泉徴収簿と言うものです。

だいたい年末の仕事納めくらいにもらえます。

 

 

楽天ふるさと納税シュミレーターを使う

年間の給与明細の金額や控除など全てを、楽天ふるさと納税シュミレーターに入れます。

最終の寄付金額の限度額がわかります。

便利なので必ずシュミレーションしましょう。

 

 

楽天シュミレーション

楽天ふるさと納税かんたんシミュレーター

楽天ふるさと納税詳細版シミュレーター

 

控除上限金額の目安も、おおよその金額を把握するのに役立ちます。

楽天ふるさと納税控除上限金額の目安

 

 

ふるさと納税を全て終わらせる

シュミレーションすることで、ギリギリまで攻めることができます。

僕は、12月30日にはふるさと納税を終わらせるようにしています。

年末に、ふるさと納税をすることで、自己負担が増える可能性が減ります。

 

 

⑧返礼品が届く

年明けに、返礼品が届き始めます。

すぐに届くものあれば、しばらくしてからの物もあります。

 

 

⑨確定申告する

ワンストップ制度をしていないため、確定申告しています。

 

 

 

 

 

 

年末のふるさと納税の注意点

最後に年末のふるさと納税の注意点を紹介します。

 

●年末のふるさと納税の注意点

・早めにふるさと納税の準備をする

・早めに何が欲しいか決めておく

・余裕を持ってふるさと納税する

 

 

・早めにふるさと納税の準備をする

年末年始はイ、ベントも多くドタバタします。

僕は楽天ふるさと納税をオススメしていますが、ふるさと納税できるのは他のサイトもあります。

どのサイトで、どこに、いくら、何を選ぶのか?早めに準備しましょう。

 

 

・早めに何が欲しいか決めておく

ふるさと納税品は物だけでなく、サービスも含めてたくさんあります。

何が欲しいか早めに決めておくことをオススメします。

 

 

・余裕を持ってふるさと納税する

職場の上司は、大晦日ふるさと納税しようと思っていて、忘れていました。

たくさん納税している方なので、かなりもったいないです。

その経験を活かして、年末前から少しずつ納税しているとのことでした。

 

 

ギリギリまでふるさと納税を使いたい。

自己負担なくふるさと納税をしたい。

そんな方は、今回紹介した通り、年末になるでしょう。

 

僕は、年末の楽天市場の感謝祭の時に一気に、ふるさと納税しています。

だいたいの給料が、予想できるからです

ふるさと納税では、なるべく金額を少なくして、たくさんの場所に納税することで、ポイントアップも狙っています。

もちろん、返礼品の中身も気にして選んでいます(^ ^)

 

微調整は、最後の最後でしています。

次は、少し時期をずらして、楽天スーパーセールの時にしても良いかなって思っています。

 

ふるさと納税で、

どこに納税するのか?

どんなものが欲しいのか?

どんなものがお得なのか?

どんなものがオススメなのか?

 

 

あらかじめ決めておくと、時間をかけずに済みます。

常にアンテナを張っておいて、ふるさと納税を楽しみましょう。

 

 

楽天シュミレーション

楽天ふるさと納税かんたんシミュレーター

楽天ふるさと納税詳細版シミュレーター

 

控除上限金額の目安も、おおよその金額を把握するのに役立ちます。

楽天ふるさと納税控除上限金額の目安

 

 

楽天ポイントが貯まる楽天ふるさと納税はこちら

楽天ふるさと納税

 

 

 

 

 

 

まとめ

今回は【年末】ふるさと納税で失敗しないオススメのタイミングと方法をお伝えしました。

 

ふるさと納税するタイミングについてお伝えしました。

ふるさと納税で失敗しないオススメのタイミングは年末です。

 

 

僕が実際にふるさと納税をするまでにやっている方法を紹介します。

是非参考にして下さい。

 

●「ふるさと納税」失敗しないオススメの方法

①家族に何が欲しいか聞く

楽天ふるさと納税で返礼品を探す

④昨年の寄付金額を見る

⑤1年間の給与明細をもらう

楽天ふるさと納税シュミレーターを使う

ふるさと納税を全て終わらせる

⑧返礼品が届く

⑨確定申告する

 

 

最後に年末のふるさと納税の注意点を紹介しました。

 

●年末のふるさと納税の注意点

・早めにふるさと納税の準備をする

・早めに何が欲しいか決めておく

・余裕を持ってふるさと納税する

 

 

ふるさと納税で、

どこに納税するのか?

どんなものが欲しいのか?

どんなものがお得なのか?

どんなものがオススメなのか?

 

 

あらかじめ決めておくと、時間をかけずに済みます。

常にアンテナを張っておいて、ふるさと納税を楽しみましょう。

 

楽天シュミレーション

楽天ふるさと納税かんたんシミュレーター

楽天ふるさと納税詳細版シミュレーター

 

控除上限金額の目安も、おおよその金額を把握するのに役立ちます。

楽天ふるさと納税控除上限金額の目安

 

 

楽天ポイントが貯まる楽天ふるさと納税はこちら

楽天ふるさと納税

 

 

少しずつ行動し、楽しくふるさと納税していきましょう。

継続すれば、確実に手元にお金が残ります。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

 

 

 


スポンサーリンク