お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

【極意】本が苦手な人のオススメの本の選び方7つ


スポンサーリンク

あなたは、人生を大きく変えるかも知れない本を読んでいますか?

本が苦手な人でも本好きになれるかも知れない方法を紹介します。

一生使える内容です。

よろしくお願いします。

 

 

f:id:maa100:20211017135745p:plain

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

本が苦手な人のオススメの本の選び方

こんにちは!お金と健康の情報発信をしているまぁです。

今回は、情報・知識に関わる本についてお伝えします。

 

あなたは本を読む習慣はありますか?

 

本を読んだ方がいいのは知っているけど、読んでいないって方は多いでしょう。

本を買ったけど買ったことに満足して、全く手をつけていないって方もいるのではないでしょうか。

 

 

そんな本が苦手な人のためにオススメの本の選び方を紹介します。

 

 

 

 

 

 

オススメの本の選び方7つ

本が苦手な人は、たくさんの文字を見るだけでも、ダメって方もいるでしょう。

では、本が苦手な人は、どんな本を読むのがオススメでしょうか?

オススメの本の選び方をまとめて挙げます。

 

●オススメの本の選び方7つ

・売れている本

・オススメされた本

・漫画のような本

・薄い本

・絵や図が多い本

・字が少ない本

・読みやすい本

 

 

・売れている本

ベストセラーとか、本屋さんで一番目立つところに置かれている本です。

売れている理由は、必ずあります。

手にとって読んでみても良いでしょう。

 

 

・オススメされた本

周りの人にオススメされた本は、あなたに役立つ知識が必ず入っているでしょう。

 

 

・漫画のような本

漫画でわかるシリーズはオススメです。

特に難しそうな本なんかは漫画でわかるシリーズで読むと、楽です。

自分が読みたい本の漫画版がないか調べてみましょう。

漫画版を読んで、もっと詳しく知りたいって方は原作を読んでみると良いでしょう。

 

 

マンガ版シリーズの具体例を紹介します。

普通の本は

 

です。

 

マンガ版は

 

です。

 

 

・薄い本

分厚い本は読むだけで大変です。

同じような内容なら、薄い本を選んで読むことをお勧めします。

一回で物足りなければ、二回、三回って読むのもオススメです。

 

 

・絵や図が多い本

絵や図が多い本は読みやすいのでオススメです。

 

 

・字が少ない本

文字が多いだけで、読む気にならないこともあります。

なれないうちは文字が少ない本、文の感覚が広い本を読みましょう。

 

 

・読みやすい本

自分が手に取って読みやすい本を読みましょう。

直感です。

タイトルに惹かれた、本の感覚がいい、色がいいなど様々でしょう。

 

 

 

 

 

 

医療従事者のオススメの本の選び方

僕は医療従事者で理学療法士です。

医療従事者は専門書を買って勉強することが多いです。

しかし、医療関係の本は専門書が多く、わかりにくい本が多いです。

 

僕は一般向けの本を読むようになり、本を読むのが楽しくなりました。

多くの本を読むようになり、確実に視野が広がりました。

視野を広げたことで、解決する問題も多くなりました。

今後も、あらゆるジャンルのたくさん本を読んで知識を身につけていきたいです。

 

本を読むならば難しい専門書より、とにかく一般向けに書かれているわかりやすい本から読むことをオススメします。

まず、一般向けのわかりやすい本を手に取り、さらに知りたければ専門書まで読んでみるって方法です。

 

 

まずは、たくさんの本、文字に触れましょう。

そうすると、本を読むスピードも自然と早くなってきます。

多少難しい本でも読めるようになってきます。

 

 

●インターネットショッピングで本を見る

本・書籍 | Amazon - アマゾン

楽天市場:本

Yahoo!ショッピング:本

 

 

●200万冊以上が読み放題、Amazonのオススメのサービスについてはこちら

Kindle Unlimited

 

 

 

●本は聴いて読む、Amazonオーディブルについての詳細はこちら

 

Amazon.co.jp: Audible オーディオブック

 

 

 

本を読むメリット・デメリットについては

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

 

 

 

 

まとめ

今回は【極意】本が苦手な人のオススメの本の選び方をお伝えしました。

 

本が苦手な人のためにオススメの本の選び方を紹介しまた。

 

オススメの本の選び方をまとめて挙げました。

 

●オススメの本の選び方7つ

・売れている本

・オススメされた本

・漫画のような本

・薄い本

・絵や図が多い本

・字が少ない本

・読みやすい本

 

 

本を読むならば難しい専門書より、とにかく一般向けに書かれているわかりやすい本から読むことをオススメします。

まず、一般向けのわかりやすい本を手に取り、さらに知りたければ専門書まで読んでみるって方法です。

 

 

まずは、たくさんの本、文字に触れましょう。

そうすると、本を読むスピードも自然と早くなってきます。

多少難しい本でも読めるようになってきます。

 

 

●インターネットショッピングで本を見る

本・書籍 | Amazon - アマゾン

楽天市場:本

Yahoo!ショッピング:本

 

 

●200万冊以上が読み放題、Amazonのオススメのサービスについてはこちら

Kindle Unlimited

 

 

 

●本は聴いて読む、Amazonオーディブルについての詳細はこちら

 

Amazon.co.jp: Audible オーディオブック

 

 

少しずつ行動し楽しく本を読んでいきましょう。

継続すれば、確実に楽しく本が読めます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

 

 

 

はてなブログ10周年特別お題「私が◯◯にハマる10の理由


スポンサーリンク