お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

【危険】食べたらダメなもの?食品添加物


スポンサーリンク

何を食べたらいいのか?

何を食べない方がいいのか?

生きていくために食事は欠かせないものです。

食事の中でも普段、馴染みのない食品添加物についてお伝えします。

 

一生使える内容です。

よろしくお願いします。

 

 

f:id:maa100:20211010134337p:plain

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

食事の食品添加物について知っていますか?

こんにちは!お金と健康の情報発信をしているまぁです。

今回は、健康に関わる食事についてお伝えします。

 

あなたは、普段、何を食べていますか?

 

人間は食べたものによって作られます。

何となくわかるのではないでしょうか。

つまり、何を食べるはとても重要な内容です。

 

では、食品添加物について知っていますか?

 

僕は食品添加物について詳しく知りませんでした。

普通に生活していたら、食品添加物の知識を得る機会はないでしょう。

食事の食品添加物についてお伝えします。

 

 

 

 

 

 

食べたらダメなもの?食品添加物

今回はあなたが知らない食品添加物についてお伝えします。

 

食品添加物とは?

お菓子、ハム・ソーセージ、かまぼこ、つけもの、弁当など、加工食品を作るときに、形や味を整えたり、色をつけたり、くさりにくくしたりするために加えられるものを食品添加物という。

 

食品添加物って、何ですか? | くらしと食 | 環境なぜなぜ110番 | 科学 | 学研キッズネットより

 

 

さらに食品添加物について詳しく見ていきましょう。

食事についての考え方が、大きく変わるかも知れません。

 

食品の裏側―みんな大好きな食品添加物より食品添加物についてお伝えします。

 

 

●食べたらダメなもの?食品添加物

・誰も知らない食品の裏側

・添加物が大量に使われている食品

食品添加物と上手に付き合うポイント

 

 

・誰も知らない食品の裏側

①添加物の世界には、消費者には見えない、知らされていない「影」の部分がたくさんある。

 

食品製造の「裏舞台」は、普通の消費者には知りようがないが、実際にそれを口にするのは私たち消費者である。

 

まずは食品の裏側を知り、その上で、食品に対してどう向き合っていくかは自分自身で判断しよう。

 

 

②そもそも添加物というものは、厚生労働省がひとつひとつ毒性のテストをして、一定の基準を満たしたもののみが認可されているが、添加物の毒性や発がん性のテストは、ネズミでの実験結果にもとづき決められてる。

 

また複数の添加物を同時にとった時におこるかもしれない悪影響については調べられていない。

 

 

・添加物が大量に使われている食品

明太子

漬物

練り物、ハム・ソーセージ

 

ミートボール

豚骨スープ

コーヒーフレッシュ

 

しゅうゆ、みりん、塩、酢

砂糖など調味料

 

お酒

 

 

日本人の多くが知らず知らずのうちにも、添加物を日常的に食べている。

コンビニ生活でも、自炊をしても、加工食品に頼っていれば結果は同じ。

何も考えずに買い、何も考えずに口にすることは、恐ろしいことに。

 

 

食品添加物と上手に付き合うポイント

①裏の表示をよく見て買う

②加工度の低いものを選ぶ

③「知って」食べる

④安いものだけに飛びつかない

⑤素朴な疑問を持つ

 

 

食品の裏側―みんな大好きな食品添加物より

 

 

 

 

 

 

 

 

食品添加物の真実を知って、どう行動する?

食品添加物の真実を知って、あなたはどう行動しますか?

 

誰も体に悪影響があるかもしれないものを、わざわざたくさん食べたいと思わないですよね?

できれば食品添加物をなるべく摂らない生活を心がけたいところです。

 

食品添加物をなるべく摂らないようにするにはどうすれば良いか考えて行動していく必要があります。

 

 

もう一度食品添加物と上手に付き合うポイントを見直しておきましょう。

 

食品添加物と上手に付き合うポイント

①裏の表示をよく見て買う

②加工度の低いものを選ぶ

③「知って」食べる

④安いものだけに飛びつかない

⑤素朴な疑問を持つ

 

 

僕は食品の裏側を読んでから、食べ物のパッケージの裏側を必ず見るようになりました。

食品添加物の多いものは買わなくなりました。

 

 

日本で普通に生活していれば、食品添加物を全く摂らないって言うのはなかなか難しいでしょう。

急に食べ物を変えるって言うのも、簡単ではありません。

まずは知ることからです。

今回の内容は、何度でも読み返したい内容です。

 

もっと詳しく知りたいって方は食品の裏側―みんな大好きな食品添加物を実際に手に取って読んでみることをお勧めします。

食事に対しての考え方が大きく変わるきっかけになるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

今回は【危険】食べたらダメなもの?食品添加物をお伝えしました。

 

食品添加物とは?

お菓子、ハム・ソーセージ、かまぼこ、つけもの、弁当など、加工食品を作るときに、形や味を整えたり、色をつけたり、くさりにくくしたりするために加えられるものを食品添加物という。

 

 

食品の裏側―みんな大好きな食品添加物より食品添加物についてお伝えします。

 

そもそも添加物というものは、厚生労働省がひとつひとつ毒性のテストをして、一定の基準を満たしたもののみが認可されているが、添加物の毒性や発がん性のテストは、ネズミでの実験結果にもとづき決められてる。

 

また複数の添加物を同時にとった時におこるかもしれない悪影響については調べられていない。

 

 

・添加物が大量に使われている食品

明太子

漬物

練り物、ハム・ソーセージ

 

ミートボール

豚骨スープ

コーヒーフレッシュ

 

しゅうゆ、みりん、塩、酢

砂糖など調味料

 

お酒

 

 

食品添加物と上手に付き合うポイント

①裏の表示をよく見て買う

②加工度の低いものを選ぶ

③「知って」食べる

④安いものだけに飛びつかない

⑤素朴な疑問を持つ

 

 

日本で普通に生活していれば、食品添加物を全く摂らないって言うのはなかなか難しいでしょう。

急に食べ物を変えるって言うのも、簡単ではありません。

まずは知ることからです。

今回の内容は、何度でも読み返したい内容です。

 

もっと詳しく知りたいって方は食品の裏側―みんな大好きな食品添加物を実際に手に取って読んでみることをお勧めします。

食事に対しての考え方が大きく変わるきっかけになるかもしれません。

 

 

 

 

少しずつ行動し、楽しく食事をしていきましょう。

継続すれば、確実に食事を楽しめます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

今週のお題「お風呂での過ごし方」


スポンサーリンク