お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

理学療法士の6月の健康に良いオススメの行動「回復」


スポンサーリンク

6月にすべきこと、オススメの行動をお伝えします。

今、自分が何をしていいかわからないという方は、ぜひ参考にしてください。

一生使える内容です。

よろしくお願いします。

 

 

f:id:maa100:20210602084355j:plain

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

梅雨がある6月にすべきことは何?

6月と言えば、何を思い浮かべますか?

6月と言えば何を思い浮かべるか、まとめて挙げます。

 

●6月と言えば?

・梅雨

・ジメジメ、ジトジト

・祝日がない

アサガオアジサイ

・1年の半分が終わる

・June bride

・父の日

 

 

6月の一番のメインイベントと言えば、梅雨ではないでしょうか。

雨の影響で、室内にいることが多くなり、天気を気にする機会も増えます。

梅雨の湿度の影響で、ジメジメベトベトして、嫌な季節です。

晴れた日が少ないと、気分もスカッとしにくいです。

 

では、いったい6月は何をするのが良いのでしょうか。

今回は6月のオススメの行動をお伝えします。

 

 

 

 

 

 

6月のオススメの行動「回復」

梅雨がある6月のオススメの行動とは「回復」です。

 

5月のゴールデンウィーク子供の日から祝日休みがありません。

4月、5月の新しい仕事・学校、新しい環境・人間関係による疲れがどっと出る時でもあります。

5月はゴールデンウィークで休みが多いので、休むことができます。

6月は祝日がないので、自分から休んで回復しなければなりません。

 

季節的にも、時期的にも大変な季節ですが、それだけではありません。

1年の半分が終わる月でもあります。

今年立てた目標を達成するためには、半年が目安になります。

 

しっかりと休み、疲労回復することで、プライベートが充実する、仕事がはかどります。

 

 

 

 

 

 

6月の行動「回復」のメリット・デメリット

6月の行動「回復」のメリット・デメリットについてまとめて挙げます。

 

●6月の行動「回復」のメリット・デメリット

メリット

・祝日がないからこそ、休んで回復する

・雨が多く、出歩きにくいので、休んで回復する

・半年が過ぎる、回復して、半年を終える

 

デメリット

・5月病、6月病に注意

・休みすぎによる生活リズムの乱れに注意

 

 

メリット

・祝日がないからこそ、休んで回復する

休みが少ないからこそ、どうすれば体が回復するのか考えて行動するきっかけになります。

回復するということは、元気になるということにもなります。

元気になりたければ、身体を回復させる必要があります。

 

 

・雨が多く、出歩きにくいので、休んで回復する

雨が多い季節で、出歩きにくいです。

家でゆっくり過ごしましょう。

 

 

・半年が過ぎる、回復して、半年を終える

あっという間に半年が過ぎます。

半年で、やり残したことはありませんか?

回復して、やり残したことをやってしまいましょう。

 

 

デメリット

・5月病、6月病に注意

休みが少なく、梅雨の影響で気分も晴れにくいです。

しっかり休んで疲労回復して、5月、6月を乗り切っていきましょう。

 

 

・休みすぎによる生活リズムの乱れに注意

いくら疲れるからって家で、ずっとゴロゴロはよくありません。

回復には適度な運動が必要です。

休みすぎにも注意しましょう。

 

 

最後に6月のオススメの行動をお伝えしている僕がどんなことをするのかお伝えします。

 

6月は祝日がありません。

どうすれば休んだり、ストレスを解消して回復することができるのか、考えて行動するきっかけになります。

 

5月に疲労?とストレス?により、あまり原因はよくわかりませんでしたが、体調を崩しました。

5月と6月に新型コロナのワクチンを打ち終わります。

今年最大のイベントと言っても良いでしょう。

しっかりと休んで体調管理して、回復して、やるべきことをやって、2021の半年を終えます。

7月からの半年を良いスタートができるように心と体を回復させます。

 

梅雨という季節的にもパッとせず、祝日がなく休みが少なくて、しんどいのが6月です。

しっかり回復して、2021年の半年を乗り切っていきましょう。

 

 

心と体を回復する方法に関しては

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

 

 

 

 

まとめ

今回は理学療法士の6月の健康に良いオススメの行動「休みと整理」をお伝えしました。

 

梅雨がある6月のオススメの行動とは「回復」です。

 

6月の一番のメインイベントと言えば、梅雨ではないでしょうか。

梅雨の湿度の影響で、ジメジメベトベトして、嫌な季節です。

晴れた日が少ないと、気分もスカッとしにくいです。

 

4月、5月の新しい仕事・学校、新しい環境・人間関係による疲れがどっと出る時でもあります。

6月は祝日がないので、自分から休んで回復しなければなりません。

 

しっかりと休み、疲労回復することで、プライベートが充実する、仕事がはかどります。

 

 

6月の行動「回復」のメリット・デメリットについてまとめて挙げました。

 

●6月の行動「回復」のメリット・デメリット

メリット

・祝日がないからこそ、休んで回復する

・雨が多く、出歩きにくいので、休んで回復する

・半年が過ぎる、回復して、半年を終える

 

デメリット

・5月病、6月病に注意

・休みすぎによる生活リズムの乱れに注意

 

 

梅雨という季節的にもパッとせず、祝日がなく休みが少なくて、しんどいのが6月です。

しっかり回復して、2021年の半年を乗り切っていきましょう。

 

 

心と体を回復する方法に関しては

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

少しずつ行動し、人生を楽しくしていきましょう。

継続すれば、確実に人生が楽しくなります。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 


 


スポンサーリンク