お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

雨の日でも靴・靴下が濡れない「ブーツ」を履くメリット・デメリット


スポンサーリンク

雨の日の対策を紹介します。

雨対策をすることで、快適に生活できる方法を紹介します。

一生使える内容です。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

雨の日に外を歩いて、靴・靴下が濡れて最悪

雨の日の通勤、通学が好きな人はいますか?

 

雨の日の通勤・通学は、苦手な方が多いでしょう。

いくら万全の準備をしても、衣服が雨で濡れてしまいますよね。

外で過ごす時間が長ければ長いほど、濡れる可能性が高いです。

雨の影響で、靴や靴下が濡れた経験は、ほとんどの方があるでしょう。

 

雨の日も、晴れの日も同じ靴を履いていませんか?

雨の日は、違う靴を履いていても靴が濡れて、靴下まで濡れたことがある方はいませんか?

 

そんな雨の日に、靴・靴下を濡らさないオススメの対策を紹介します。

 

 

 

 

 

 

雨の日の靴・靴下を濡らさない対策

僕の雨の日の靴・靴下を濡らさない対策で実際にやってきたものを紹介します。

 

●雨の日の靴・靴下を濡らさない対策

・防水スプレー

・靴下を履かない

・ハイカットのスニーカー

・歩く距離を減らす

・歩く道を選ぶ

・レインブブーツ(長靴)

 

 

・防水スプレー

雨が染み込みやすい靴に、防水スプレーを吹きかけても濡れます。

雨には勝てません。

 

 

・靴下を履かない

靴下は濡れないが、靴は濡れます。

どこかのタイミングで靴下を履いたり、脱いだりしなければなりません。

 

 

・ハイカットのスニーカー

いくらハイカットでも、防水対策していなければ濡れます。

 

 

・歩く距離を減らす

雨で濡れないように歩く距離を減らしても、濡れる時は濡れます。

 

 

・歩く道を選ぶ

雨で濡れないように歩く道を選んでも、濡れる時は濡れます。

 

 

・レインブブーツ(長靴)

運動靴に比べると、歩きやすさは劣りますが、靴や靴下は全く濡れません。

 

 

この中で最もオススメなのがレインブブーツ(長靴)を履くことです。

僕はレインブーツといっても、マウンテンブーツを使っています。

 

倉庫で、ずっと使っていないマウンテンブーツを見つけました。

山登りに使えそうだから、履いて歩かないといけません。

雨の日でも使えるのではないかと思い、雨の日にブーツを履いてみました。

マウンテンブーツを履いていると、靴、靴下まで濡れませんでした。

 

試しに履いたのが、大成功でした。

それ以来、僕は雨の日の出勤時はマウンテンブーツを履いています。

 

僕はマウンテンブーツを履いています。

しかし、みんながみんなマウンテンブーツを持っているわけではありません。

雨の日対策には、レインブーツ(長靴)、レインシューズが一般的でしょう。

 

 

 

 

 

 

雨の日にブーツを履くメリット・デメリット

雨の日にブーツを履くメリット・デメリットについてまとめて挙げます。

 

●雨の日にブーツを履くメリット・デメリット

メリット

・雨に当たっても濡れない

・水たまりも歩ける

・濡れた靴下を履き替えなくて良い

・濡れた靴・靴下を乾かさなくて良い

 

デメリット

・履くのに時間がかかる

・運動靴より歩きにくい

 

 

メリット

・雨に当たっても濡れない

靴や、靴下が濡れません。

 

 

・水たまりも歩ける

ちょっとした水たまりの中も歩けます。

歩く道を選ぶ必要がありません。

 

 

・濡れた靴下を履き替えなくて良い

濡れた靴下を履き替えなくて良いのは、思っている以上に楽です。

雨で濡れた靴下は、乾きにくいです。

 

 

・濡れた靴・靴下を乾かさなくて良い

濡れた靴・靴下を乾かさなくて良いので、無駄な時間が減ります。

 

 

デメリット

・履くのに時間がかかる

水が入ってこないようにするため、仕方ありません。

 

 

・運動靴より歩きにくい

水が入ってこないようにするため、仕方ありません。

 

 

あなたはレインブーツ(長靴)を持っていますか?

あなたも雨の日は、レインブーツ(長靴)を履いて外出してみてはいかがでしょうか?

 

子供のことは、長靴を履いて学校に行っていましたよね。

大人になると、見た目や面倒くさいって理由で、長靴を履こうとしません。

大人も子供と同じように、雨の日には雨の日の対策をして過ごしましょう。

 

靴の中が濡れてこないのは、思っている以上に快適でオススメです(^ ^)

そんなに雨が降らないし、いらないって方もいるかもしれません。

しかし、一足だけでも、持っておくと便利です。

 

僕はもっと早く履いておけばよかったと思っています。

一回履くと、雨の日に履くのが楽しくなるかもしれません(^ ^)

 

 

最近はおしゃれなレインブーツを履いている方も多いです。

 ●インターネットショッピングでレインブーツ(長靴)を見る

楽天市場:レインブーツ

Yahoo!ショッピング:レインブーツ

 

 

雨が降りそうなら、雨雲レーダーも参考にしながら

money-health.hatenablog.com

どんな格好で出かけるか決めています。

 

 

 

 

 

 

まとめ

今回は雨の日でも靴・靴下が濡れない「ブーツ」を履くメリット・デメリット

をお伝えしました。

 

僕の雨の日の靴・靴下を濡らさない対策で実際にやってきたものを紹介しました。

 

●雨の日の靴・靴下を濡らさない対策

・防水スプレー

・靴下を履かない

・ハイカットのスニーカー

・歩く距離を減らす

・歩く道を選ぶ

・レインブブーツ(長靴)

 

 

この中で最もオススメなのがレインブブーツ(長靴)を履くことです。

雨の日にブーツを履くメリット・デメリットについて、まとめて挙げました。

 

●雨の日にブーツを履くメリット・デメリット

メリット

・雨に当たっても濡れない

・水たまりも歩ける

・濡れた靴下を履き替えなくて良い

・濡れた靴・靴下を乾かさなくて良い

 

デメリット

・履くのに時間がかかる

・運動靴より歩きにくい

 

あなたはレインブーツ(長靴)を持っていますか?

あなたも雨の日は、レインブーツ(長靴)を履いて外出してみてはいかがでしょうか?

 

靴の中が濡れてこないのは、思っている以上に快適でオススメです(^ ^)

そんなに雨が降らないし、いらないって方もいるかもしれません。

しかし、一足だけでも、持っておくと便利です。

 

僕はもっと早く履いておけばよかったと思っています。

一回履くと、雨の日に履くのが楽しくなるかもしれません(^ ^)

 

 

最近はおしゃれなレインブーツを履いている方も多いです。

 ●インターネットショッピングでレインブーツ(長靴)を見る

楽天市場:レインブーツ

Yahoo!ショッピング:レインブーツ

 

  

 

少しずつ行動し、快適に暮らしていきましょう。

継続すれば、確実に快適に暮らせます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

「雨の日の過ごし方」

 


スポンサーリンク