お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

憲法記念日は約束・ルールを見直し、お金と健康を守るメリット・デメリット


スポンサーリンク

あなたの約束やルールって何ですか?

約束やルールを見直していますか?

憲法の日は、約束・ルールを見直すきっかけになります。

一生使える内容です。

よろしくお願いします。

 

 

f:id:maa100:20210506082157j:plain

 

 

目次

 

 

 

 

ゴールデンウィーク憲法記念日、何をして過ごす?

ゴールデンウィークの中の1日、5月3日、憲法記念日は何をして過ごしていますか?

憲法記念日とはどういう意味か知っていますか?

 

 

憲法記念日について調べてみました。

憲法記念日とは?

憲法記念日(5月3日)

憲法記念日とは、みんなが住んでいる国日本で、みんなが守るお約束ごとをはじめた日。

 

憲法って何?

日本という国のお約束ごとを難しい言い方で「憲法(けんぽう)」といいます。憲法とは、他の国と戦いをしないお約束や男の人も女の人も子どもも、みんなが幸せになるためのお約束ごと。
日本にいるみんなが守らなくてはいけないお約束で、みんながそのお約束を守ることで平和に過ごすことができるのです。
(とっても大切なものなんですね…!)

 

●どんなお約束があるの?

憲法」の中にはいろんなお約束があるけれど、その中でもとっても大事なお約束が3つあります。
それは、

・日本のお約束ごとは日本にいる誰かが勝手に決めちゃうのではなく、みんなで決めようというお約束(国民主権)。

・みんな生まれたときから持っている「自分らしく生きて良いですよ」という権利を大切にしようというお約束(基本的人権の尊重)。

・みんなが平和に暮らせるように、他の国と争いが起きても戦争をするのではなくて平和に解決しよう!というお約束(平和主義)。

少し難しいけれど、この機会に少し触れてみるのも良いかもしれませんね。

 

憲法記念日(5月3日)とは?〜子どもに伝えやすい行事の意味や由来、過ごし方アイディア〜 | 保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる]より

 

 

憲法記念日は、要は約束・ルールの日ということです。

自分や家族、仕事で決めたルールについて考える、見直す日にしても良いでしょう。

 

〇〇の日にちなんだ行動を取ることで、日常生活に刺激が入ります。

毎日同じ日だったら、つまらないですよね。

 

 

 

 

 

憲法の日に自分の約束・ルールを見直す

世の中にはたくさんの約束・ルールがあります。

しかし、全て把握するのは、はっきり言って大変です。

 

憲法の日は、自分の約束・ルールを見直す日にしてみましょう

 

今まで生きてきて少なくとも、一つや二つ約束・ルールを守れなかったことはあるのではないでしょうか。

ついでに僕は、約束やルールが守れなかったことは、たくさんあります(^^;;

反省しなければなりませんm(__)m

 

 

たくさんの約束・ルールがある中で、自分との約束・ルールはありますか?

 

自分で決めた約束・ルールは守るのは、自分しかいません。

自分で決めた約束っていうのが重要です。

 

見直すのは、自分の約束・ルールじゃなくても、家族の約束・ルールでも良いでしょう。

 

 

たくさんの約束・ルールについてまとめて挙げます。

 

●たくさんの約束・ルール

・お金のルール

・健康のルール

・家事のルール

・人間関係のルール

・生き方のルール

・時間のルール

・勉強、学習のルール

 

 

お金と健康の約束・ルールについて詳しく見ていきましょう。

 

●お金の約束・ルール

・毎月給料の何割、いくら貯金する

・毎月いくらお金を稼ぐ

・毎月いくらお金を投資に回す

・毎月お金の情報収集をする

・毎月予算の範囲で生活する

 

●健康の約束・ルール

・腹八分目を心がける

・8時間は寝る

・1日30分は早歩き以上の運動をする

・ストレスを貯めないように、メリハリのある生活をする

・一日一回は人を笑わせる

 

 

約束・ルールは絶対守らなければならないというわけではありませんが、自分の中での約束・ルールがあることで行動しやすくなります。

お金と健康を守るためには、約束・ルールを守ることが大切です。

 

 

 

 

憲法記念日に自分の約束•ルールを見直すメリット•デメリット

憲法記念日に自分の約束・ルールを見直すメリット・デメリットを挙げました。

 

憲法記念日に自分の約束•ルールを見直すメリット•デメリット

メリット

・約束、ルールを見直すきっかけになる

・約束、ルールを作ることで、判断がしやすくなる

 

デメリット

・ルールを守るのは、意外と難しい

・ルールを決めすぎると動きにくい

 

 

メリット

・約束、ルールを見直すきっかけになる

約束・ルールを見直すきっかけは、なかなかありません。

仕方なく続けていた約束・ルールを見直すには最も良い日です。

自分の約束だけでなく、家族や大切な人との約束を見直しても良いでしょう。

 

 

・約束、ルールを作ることで、判断がしやすくなる

約束、ルールがあることで、何をすべきで、何をすべきでないのか判断がしやすくなります。

悩まなくていいので楽です。

 

 

デメリット

・ルールを守るのは、意外と難しい

ルールを守るのは、意外と難しいです。

簡単なルールから決めて、守りましょう。

 

 

・ルールを決めすぎると動きにくい

約束・ルールを決めすぎると動きにくくなるのは事実です。

その時の状況に合わせて、臨機応変に対応しましょう。

しかし、一度決めた約束・ルールを何度も守れないようでは、意思が弱すぎるかもしれません。

 

 

自分との約束・ルールを作り、守り続けることができれば、達成感を味わうことができます。

他人との約束・ルールは、いくら自分が約束を守っても、必ず守られるわけではありません。

自分との約束・ルールを守ることができるのは、誰でもありません。

あなただけです。

 

国民の祝日である憲法記念日に、あなた自身のルールを見直してみましょう。

憲法記念日は1年に1回です。

1年だけの約束・ルールを作っても良いかもしれませんね(^ ^)

 

 

 

 

 

まとめ

今回は、憲法記念日は約束・ルールを見直し、お金と健康を守るメリット・デメリットをお伝えしました。

 

憲法記念日について調べてみました。

 

憲法記念日とは?

憲法記念日(5月3日)

憲法記念日とは、みんなが住んでいる国日本で、みんなが守るお約束ごとをはじめた日。

 

 

憲法記念日は、要は約束・ルールの日ということです。

自分や家族、仕事で決めたルールについて考える、見直す日にしても良いでしょう。

憲法の日は、自分の約束・ルールを見直す日にしてみましょう。

 

 

憲法記念日に自分の約束・ルールを見直すメリット・デメリットを挙げました。

憲法記念日に自分の約束•ルールを見直すメリット•デメリット

メリット

・約束、ルールを見直すきっかけになる

・約束、ルールを作ることで、判断がしやすくなる

 

デメリット

・ルールを守るのは、意外と難しい

・ルールを決めすぎると動きにくい

 

 

自分との約束・ルールを作り、守り続けることができれば、達成感を味わうことができます。

他人との約束・ルールは、いくら自分が約束を守っても、必ず守られるわけではありません。

自分との約束・ルールを守ることができるのは、誰でもありません。

あなただけです。

 

国民の祝日である憲法記念日に、あなた自身のルールを見直してみましょう。

 

 

少しずつ行動し、人生を楽しくしてきましょう。

継続すれば、人生を楽しくできます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

 

今週のお題「おうち時間2021」


スポンサーリンク