お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

【節約術】お金のかかるペットを飼わずに動物に癒される5つの方法


スポンサーリンク

猫、犬、うさぎ、ハムスター、鳥、魚、爬虫類と多くの動物を家で飼うことができます。

自宅で何かペットを飼っていますか?

 

動物はかわいくて癒されます。

しかし、飼うのであれば、コストがかかります。

人に癒しをくれる動物と、楽しく生きていくためにも、一生使える内容をお伝えします。

よろしくお願いします。

 

 

f:id:maa100:20201222083433j:plain

 

 

目次

 

 

 

 

 

動物好きですか?ペットを飼っていますか?

動物は好きですか?

あなたはペットを飼っていますか?

 

猫、犬、小動物どれも可愛いですよね。

最近はペットを飼う人が増えてきています。

ペットショップもよく見かけます。

動物と過ごせる〇〇カフェ、猫カフェなんかも増えてきていますよね。

 

人間と、他の動物の距離はだんだん近くなってきています。

今回は、ペットとお金について考えていきます。

今からペットを飼おうとしている方は、ぜひ参考にして下さい。

 

  

 

 

ペットを飼うメリット・デメリット

ペットを飼うメリット・デメリットをまとめて挙げます。

 

●ペットを飼うメリット・デメリット

メリット

・癒される

 

デメリット

・お金がかかる(食べ物、小屋、医療費、保険、美容、その他)

・育てなければならない(責任)

・エサの準備、散歩で時間が取られる

・場所をとる

・人間より寿命が短い

・動物の匂いがする

 

 

ペットを飼う最大のメリットと言えば、癒しではないでしょうか。

僕は仕事で他人の家に行くことが多いのですが、家の中でペットを飼っている方は意外と多いです。

家の外で飼っているのは犬で、外から見てもわかりやすいです。

他の動物は家に入ってみないと、実際に何を飼っているかはわかりにくいです。

 

メリットの癒しが得られるけど、家でペットを飼うとデメリットも多いです。

責任を持って育てる必要があるため、お金、時間、場所など色々なコストがかかります。

動物を買って終わりではなく、今後何年、何十年とかかる色々なコストを確認して飼わなければなりません。

 

メリットにはあげていませんが、犬を飼っていることで運動するきっかけになっていたという方もいました。

犬の散歩が、人間の散歩にもなっているということです。

 

 

 

 

 

ペットを飼わずに動物に癒される5つの方法

僕というか、僕の家では今まで犬を2匹飼ってきました。

どちらとも長生きしましたが、現在は、10年以上はペットを飼っていません。

世話をするのが大変なのと、死ぬとかわいそうだからです。

 

ついでに僕は動物嫌いではありません。

むしろ動物は好きな方です。

動物園、水族館、植物園を探して、行くのは大好きです。

 

動物は癒される、でもコストがかかる、そんな悩みを解消する方法を考えてみました。

ペットを飼わずに動物に癒される方法はないか考えたものを挙げます。

  

●ペットを飼わずに動物に癒される5つの方法

・誰かが飼っている動物と仲良くなる

・ペットショップに行く

・動物園、水族館に行く

・ペットカフェに行く

・ぬいぐるみ、置物、絵などで満足する

 

 

・誰かが飼っている動物と仲良くなる

家族、親戚、友人が飼っている動物に会いに行くのもいいでしょう。

迷惑じゃないほどに、近所で散歩している犬と仲良くなってもいいでしょう。

僕、個人的には散歩している犬に合図して、少しでも反応してくれたら満足しています(^ ^)

 

 

・ペットショップで癒される

ショッピングセンターや、ホームセンターに必ずあるペットショップで動物を見るだけでも癒されますよね。

見るだけなら全くお金がかかりません。

 

 

・動物園、水族館に行く

近くの動物園、水族館を調べてみましょう。

近所にいいスポットがあるかもしれません。

触ったり、エサをあげたりできる場所もあるので楽しいですね。

動物園、植物園だけでなく、公園や道の駅なんかで動物を飼っている場合もあります。

常にアンテナを立てておくのもいいでしょう。

 

 

・ペットカフェに行く

僕は行ったことはありませんが、猫カフェがよくあります。

フクロウカフェもあるようです。

動物で癒され、カフェでリラックス、動物カフェに行けば、一度で2回楽しめます。

 

 

・ぬいぐるみ、置物、絵などで満足する

本物を買うより、お金も時間もかかりません。

しつけもいなくていいです。

 

 

今回紹介したペットを飼わずに癒される方法は、大きなお金がかかりません。

癒される頻度は少ないかもしれませんが、お金だけでなく、時間や精神的な負担も減ります。

 

ペットを飼わずに動物に癒される方法をいくつか試して、それでもどうしても欲しいって場合には飼ったらいいのではないでしょうか。

期間限定のペットとのレンタルもあれば、自分が本当にペットを飼えるのか試すこともできますね。

 

ペットは色々なコストがかかります。

自分に余裕があって、自分の生活にある程度余裕がある方が飼うのがオススメではないでしょうか。

 

 

 

 

 

まとめ

今回は【節約術】お金のかかるペットを飼わずに動物に癒される5つの方法

をお伝えしました。

 

猫、犬、うさぎ、ハムスター、鳥、魚、爬虫類と多くの動物を家で飼うことができます。

自宅で何かペットを飼っていますか?

 

動物はかわいくて癒されます。

今からペットを飼おうとしている方は、ぜひ参考にして下さい。

 

まず、ペットを飼うメリット・デメリットをまとめて挙げました。

 

●ペットを飼うメリット・デメリット

メリット

・癒される

 

デメリット

・お金がかかる(食べ物、小屋、医療費、保険、美容、その他)

・育てなければならない(責任)

・エサの準備、散歩で時間が取られる

・場所をとる

・人間より寿命が短い

・動物の匂いがする

 

ペットを飼う最大のメリットと言えば、癒しではないでしょうか。

メリットの癒しが得られるけど、家でペットを飼うとデメリットも多いです。

責任を持って育てる必要があるため、お金、時間、場所など色々なコストがかかります。

動物を買って終わりではなく、今後何年、何十年とかかる色々なコストを確認して飼わなければなりません。

 

 

動物は癒される、でもコストがかかる、そんな悩みを解消する方法を考えてみました。

ペットを飼わずに動物に癒される方法はないか考えたものを挙げます。

 

●ペットを飼わずに動物に癒される5つの方法

・誰かが飼っている動物と仲良くなる

・ペットショップに行く

・動物園、水族館に行く

・ペットカフェに行く

・ぬいぐるみ、置物、絵などで満足する

 

 

今回紹介したペットを飼わずに癒される方法は、大きなお金がかかりません。

癒される頻度は少ないかもしれませんが、お金だけでなく、時間や精神的な負担も減ります。

 

ペットを飼わずに動物に癒される方法をいくつか試して、それでもどうしても欲しいって場合には飼ったらいいのではないでしょうか。

 

ペットは色々なコストがかかります。

自分に余裕があって、自分の生活にある程度余裕がある方が飼うのがオススメではないでしょうか。

 

 

少しずつ行動し、動物と楽しく生きていきましょう。

継続すれば、お金を守り、動物に癒されることができます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

 

 


スポンサーリンク