お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

節約術「壊れた物を買わずに直す」メリット•デメリット


スポンサーリンク

壊れたらすぐ捨てて、新しい物を買っていませんか?

お金にも環境にも健康にも良い節約方法をお伝えします。

物に対する考え方も参考になるでしょう。

一生使える内容です。

よろしくお願いします。

 

 

f:id:maa100:20201028083433j:plain

 

 

目次

 

 


 

 

物が壊れたらどうする?

・物が壊れた時

・物が使えなくなった時

 

あなたはどうしていますか?

すぐに新しい物を買いますか?

買わずに直しますか?

 

僕は物が壊れた時、まず直すことを考えます。

今回は買わずに直すことについてお伝えします。

 

 

 

 

 

 

壊れたら、買うではなく直すという選択肢

壊れた物をすぐに買わずに、直すことができれば、新しい物を買わずに済みます。

お金を節約することができます。

節約できたお金で好きなものを買うことも、投資に回してお金を増やすこともできるでしょう。

 

僕が直して使っているものを挙げます。

 

●新しい物を買わずに、直して使っているもの

・ズボン

・靴

・靴下

・座椅子

・手袋

スノーボードのブーツ

・サーフィンのウェットスーツ

 

一つ具体例を挙げます。

 

僕のスノーボードのブーツが壊れています。

しかし、スノーボードのブーツは買うと数万円します。

はっきり言って高いです(^^;)

年にスノーボードをしに雪山に行くのは数回ですし、雪山にいつ行かなくなるかわかりません。

買わずに何度も直して使っています(^ ^)笑

 

 

  

 

 

壊れた物を買わずに直すメリット・デメリット

では、物を買わずに直すにはどうすれば良いのでしょうか?

 

今なら直し方をインターネットで調べるのも一つの方法です。

スマホで検索すれば、すぐにたくさんの情報が出てきます。

無料で物の直し方がわかるので、調べるかどうかだけです。

新しい物を買う前に調べてみてはいかがでしょうか。

 

 

壊れた物を買わずに直すメリット・デメリットについてまとめたものを挙げます。

 

●壊れた物を買わずに直すメリット・デメリット

メリット

・新しい物を買わず直せばお金が貯まる

・物を直すのも楽しめる

・物について詳しくなる

・物を大事に使うきっかけになる

・物に愛着がわく

・修理することで味が出る

・物を捨てないので環境にいい

・頭や手先を使うので健康にいい

 

デメリット

・直す方法を調べなければならない

・直す時間がかかる

・必ず直るとは限らない

・修理するより買った方が安くつく場合もある

 

 

メリット

・新しい物を買わず直せばお金が貯まる

直すことで新しい物を買わずに済むので、お金の節約になります。

 

 

・物を直すのも楽しめる

物を直すのも楽しめます。

壊れたものを自分で直せた時の嬉しさはたまりません。

 

 

・物について詳しくなる

物を直すのを調べるのも勉強になります。

一つの物を直すことができたら、他の物を直すときにヒントになります。

 

 

・物を大事に使うきっかけになる

物を直すことで、大事に物を使おうって考え方も身につきます。

 

 

・物に愛着がわく

自分で物を直すことで、物に対して愛着も湧きます。

 

 

・物を捨てないので環境にいい

直すことで物を捨てずに済む、新しい物を買わずに済むので環境にもいいです。

 

 

・頭や手先を使うので健康にいい

自分が直せないものは、他の人に頼んで直してもらってもいいでしょう。

僕は直せないものは、家族にお願いすることもあります。

物を直すということは、手先を使ったり、頭を使うのでリハビリにもなります。

つまり、健康にも良いということです。

 

 

デメリット

・直す方法を調べなければならない

調べるのは多少時間がかかりますが、インターネットを使えばすぐに無料で調べられます。

 

 

・直す時間がかかる

直すプロではなくので、やはり時間はかかります。

次直すときは、1回目より時間がかからないでしょう。

 

 

・必ず直るとは限らない

壊れたものを直そうとしても、必ず直るわけではありません。

直すの失敗したら、買えばいいやって感じで直すことにチャレンジしても良いでしょう。

 

 

・修理するより買った方が安くつく場合もある

修理するより買った方が安くつく場合もあります。

買うより修理代の方が高く作ってことは避けたいところです。

 

 

直すのは貧乏くさい、めんどくさい、買ったらいいって思われるかもしれません。

もちろん、直すお金、直す時間を考えて買い換えた方がいい、プロに任せて直してもらった方がいい時はあきらめます。

使っている物の機能性が発揮できず、あまりに見た目がおかしければ、買い換えます。

 

使っているものが壊れたとき、新しい物を買う前に、今使っているものをまだ使えないか調べて見ましょう。

調べてから処分しても遅くありません。

 

 

 

 

 

 

まとめ

今回は健康•環境に良い節約術「買わずに直す」メリット・デメリットをお伝えしました。

 

・物が壊れた時

・物が使えなくなった時

 

あなたはどうしていますか?

すぐに新しい物を買いますか?

買わずに直しますか?

 

 

僕は物が壊れた時、まず直すことを考えます。

  

今なら直し方をインターネットで調べるのも一つの方法です。

スマホで検索すれば、壊れた物を直す方法が出てきます。

無料で物の直し方がわかるので、調べるかどうかだけです。

インターネット上にはたくさんの情報があります。

新しい物を買う前に調べてみてはいかがでしょうか?

 

 

壊れた物を買わずに直すメリット・デメリットについてまとめたものを挙げました。

 

●壊れた物を買わずに直すメリット・デメリット

メリット

・新しい物を買わず直せばお金が貯まる

・物を直すのも楽しめる

・物について詳しくなる

・物を大事に使うきっかけになる

・物に愛着がわく

・修理することで味が出る

・物を捨てないので環境にいい

・頭や手先を使うので健康にいい

 

デメリット

・直す方法を調べなければならない

・直す時間がかかる

・必ず直るとは限らない

・修理するより買った方が安くつく場合もある

 

 

使っているものが壊れたとき、新しい物を買う前に、今使っているものをまだ使えないか調べて見ましょう。

調べてから処分しても遅くありません。

行動の選択肢が増えることで、物だけでなくお金や環境、健康を守ることにつながります。

 

 

少しずつ行動し、手元に残るお金を残していきましょう。

継続すれば、確実にお金が貯まります。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

  

 

  

 

 

 


スポンサーリンク