お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

【特権】サラリーマンを楽しみ、お金を守る方法「福利厚生」


スポンサーリンク

人生の大半をサラリーマンで過ごす人は多いでしょう。

サラリーマンだからこそ使える特権を紹介します。

使うか使わないかで、将来大きな差が開くことは間違いないでしょう。

一生使える内容をお伝えします。

よろしくお願いします。

 

 

f:id:maa100:20201017102418j:plain

 

 

目次

 

 

全国630店舗以上!もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】  

 

 

サラリーマンの悩み「給料?休み?人間関係?」

給料が少ない

給料が上がらない

休みが取れない

休みが少ない

上司・部下と相性が合わない

 

サラリーマン、働いている人なら、誰もが悩みがある方は多いでしょう。

 

サラリーマンにとって給料や休みはすぐに増えるものではありません。

また、どれだけ頑張っても上限があります。

人間関係はどれだけこちらが頑張っても、合わないものは合いません。

そんなものです。

 

しかし、給料や休みが増えなくても、人間関係が合わなくても、サラリーマンを楽しみ、お金を守る方法があります。

 

 

 

 

サラリーマンを楽しみ、お金を守る「福利厚生」とは?

サラリーマンを楽しみ、お金を守る方法とは、会社の福利厚生を使うことです。

福利厚生についてお伝えします。

 

●福利厚生とは?

福利厚生(ふくりこうせい、employee benefits)とは、企業が従業員に対して通常の賃金・給与にプラスして支給する非金銭報酬である。

また多くの場合、企業の福利厚生の対象は従業員のみならず、その配偶者や家族、あるいはかつて従業員だった者にまで及ぶことがある。

 

福利厚生の目的は、従業員の経済的保障を手厚くすることにより、従業員の組織貢献度を高めることである。

また、勤労意欲や能率の向上を図るといった狙いもある。

離職率の低下や労働力の定着を図るほか、採用活動でも福利厚生の内容は注目される。

取り組みの内容は、法律により企業に実施が義務付けられる法定福利厚生と、企業が独自に定める法定外福利厚生とに大別される。

 

●法定福利厚生と法定外福利厚生

法定福利厚生

社会保険厚生年金、公的医療保険健康保険船員保険共済組合等)、介護保険雇用保険労働者災害補償保険

児童手当拠出金

企業がこれらの保険料の一部を負担(労働者災害補償保険の保険料、児童手当拠出金は企業が全額負担)する。

 

法定外福利厚生

勤労者財産形成貯蓄

住居(家賃補助、借り上げ、写真、貸付金等)

通勤補助(通勤手当の支給、専用交通機関の手配等)

子育て支援(家族手当等)

資格取得支援

・福利厚生施設

保養所

社員食堂

社員寮・社員住宅

運動施設など

・社員旅行

クラブ活動実業団の補助

 

ウィキペディアより

 

 

全国630店舗以上!もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】  

 

 

「福利厚生」でサラリーマンを楽しみ、お金を守る

あなたは今働いている会社の福利厚生の内容を知っていますか?

あなたは今働いている会社の福利厚生の福利厚生を使ったことがありますか?

 

福利厚生はサラリーマンの特権といってもいいでしょう。

会社に福利厚生があるのは知っているけど、内容がわからない、使っていないという人は意外と多いのではないでしょうか。

 

僕が今までサラリーマンとして働き、会社で使ってきた企業が独自に定める法定外福利厚生について挙げます。

  

●今まで使ってきた福利厚生(法定外福利厚生)

・交通費

・社員旅行(国内、国外)

・スキー場の割引き券

・退職金

・駅伝大会出場のTシャツ

・研究費(書籍代、セミナー代、DVD代など)

・忘年会、送別会など飲み会費用

・施設内にあるトレーニングエリア

悪天候で、家に帰れなかった時のホテル代

・クリスマスプレゼント

 

 

計算すると総額いくら会社に負担してもらったのでしょうか?

10年以上サラリーマンをしているので、相当な額になるでしょう。

会社に負担してもらったといっても、会社の利益、つまり自分達の売り上げから出しています。

つまり、福利厚生を使わないともったいないです。

 

このブログを読んだら、あなたの会社では、どんな福利厚生があるか調べましょう。

大きな会社ほど使える福利厚生はたくさんあるでしょう。

一つや二つは、使えるものがあるでしょう。

福利厚生がいいから、その会社を選んだって方いるはずです。

福利厚生がいいから、その会社を辞めないって方もいるでしょう。

 

福利厚生というのは、給料や休み、人間関係以上に重要視されているということもまた事実です。

 

 

福利厚生の例をいくつか挙げます。

 

①社員寮、家賃補助を使えば、年間で、かなりの額をお得になります。

 

例えば、1ヶ月6万円の家賃のところに3万円で住めたとしましょう。

1年間住んだとしたら、3万円×12ヶ月=36万円

3年間住んだとしたら、36万円×3年=108万円

 

1年間で36万円、3年間で108万円、お金を守ることができました。

3年で100万円超えの貯金できたら大きくないですか?

 

 

②忘年会、送別会の飲み会費用が自分で出していたものが無料になったとします。

よし明日からも頑張ろうって少しはなりませんか?

 

 

③社員旅行に会社のスタッフと行き、楽しかったとしましょう。

社員旅行のために頑張ろう、同僚と一緒に仕事を頑張ろうってなりませんか?

 

 

④スキー場の割引券をもらえ、半額で家族旅行に行けました。

スキーに行くきっかけができ、家族は楽しい、半額で行けたことでお金を守ることができました。

 

 

サラリーマンの悩み、悪いところに目を向けるだけでなく、サラリーマンの特権、良いところに目を向けます。

考え方を変えます。

良いところが増えると、悪いところの割合は減ります。

サラリーマンとして、一つでも楽しみを見つけてみてはいかがでしょうか。

 

 

給料が多い・少ない、休みが多い・少ない、人間関係だけでなく、福利厚生にも目を向けてみてはいかがでしょうか(^ ^)

間違いなく生活の楽しみ、家計の助けの一つになるでしょう。

 

 

 

 

まとめ

今回は【特権】サラリーマンを楽しみ、お金を守る方法「福利厚生」をお伝えしました。

 

給料が少ない

給料が上がらない

休みが取れない

休みが少ない

上司・部下と相性が合わない

 

サラリーマン、働いている人なら、誰もが悩みがある方は多いでしょう。

しかし、給料や休みが増えなくても、人間関係が合わなくても、サラリーマンを楽しみ、お金を守る方法があります。

 

 

サラリーマンを楽しみ、お金を守る方法とは、会社の福利厚生を使うことです。

福利厚生(ふくりこうせい、employee benefits)とは、企業が従業員に対して通常の賃金・給与にプラスして支給する非金銭報酬でした。

 

 

取り組みの内容は、法律により企業に実施が義務付けられる法定福利厚生と、企業が独自に定める法定外福利厚生とに大別されます。

 

●法定福利厚生と法定外福利厚生

法定福利厚生

社会保険厚生年金、公的医療保険健康保険船員保険共済組合等)、介護保険雇用保険労働者災害補償保険

児童手当拠出金

企業がこれらの保険料の一部を負担(労働者災害補償保険の保険料、児童手当拠出金は企業が全額負担)する。

 

法定外福利厚生

勤労者財産形成貯蓄

住居(家賃補助、借り上げ、写真、貸付金等)

通勤補助(通勤手当の支給、専用交通機関の手配等)

子育て支援(家族手当等)

資格取得支援

・福利厚生施設

保養所

社員食堂

社員寮・社員住宅

運動施設など

・社員旅行

クラブ活動実業団の補助

 

 

あなたは今働いている会社の福利厚生の内容を知っていますか?

あなたは今働いている会社の福利厚生の福利厚生を使ったことがありますか?

 

福利厚生はサラリーマンの特権といってもいいでしょう。

会社に福利厚生があるのは知っているけど、内容がわからない、使っていないという人は意外と多いのではないでしょうか。

 

僕が今までサラリーマンとして働き、会社で使ってきた企業が独自に定める法定外福利厚生について挙げました。

 

●今まで使ってきた福利厚生(法定外福利厚生)

・交通費

・社員旅行(国内、国外)

・スキー場の割引き券

・退職金

・駅伝大会出場のTシャツ

・研究費(書籍代、セミナー代、DVD代など)

・忘年会、送別会など飲み会費用

・施設内にあるトレーニングエリア

悪天候で、家に帰れなかった時のホテル代

・クリスマスプレゼント

 

 

会社に負担してもらったといっても、会社の利益、つまり自分達の売り上げから出しています。

つまり、福利厚生を使わないともったいないです。

 

このブログを読んだら、あなたの会社では、どんな福利厚生があるか調べましょう。

大きな会社ほど使える福利厚生はたくさんあるでしょう。

一つや二つは、使えるものがあるでしょう。

福利厚生がいいから、その会社を選んだって方いるはずです。

福利厚生がいいから、その会社を辞めないって方もいるでしょう。

 

福利厚生というのは、給料や休み、人間関係以上に重要視されているということもまた事実です。

 

 

サラリーマンの悩み、悪いところに目を向けるだけでなく、サラリーマンの特権、良いところに目を向けます。

考え方を変えます。

良いところが増えると、悪いところの割合は減ります。

サラリーマンとして、一つでも楽しみを見つけてみてはいかがでしょうか。

 

 

給料が多い・少ない、休みが多い・少ない、人間関係だけでなく、福利厚生にも目を向けてみてはいかがでしょうか(^ ^)

間違いなく生活の楽しみ、家計の助けの一つになるでしょう。

 

 

少しずつ行動し、楽しくお金を守っていきましょう。

継続すれば、確実に楽しくお金を守れます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

 

 

全国630店舗以上!もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】  

 

 

 


スポンサーリンク