お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

サラリーマンの時給を最速で上げ、自由になる方法「有給休暇を使う」


スポンサーリンク

「もっと稼ぎたい」

「もっと給料が欲しい」

「もっと時給を上げたい」

 

そんな悩みがある方は多いのではないでしょうか。

すぐに時給を上げる方法をお伝えしています。

サラリーマンの方はぜひお読み下さい。

よろしくお願いします。

 

 

f:id:maa100:20201008074617j:plain

 

 

目次

 

 

全国630店舗以上!もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】  

 

 

サラリーマンの願い?お金が欲しい、給料を上げたい!

「もっと稼ぎたい」

「もっと給料が欲しい」

「もっと時給を上げたい」

 

そんな悩みがある方は多いでしょう。

 

しかし、働いていて給料を上げることは簡単ではありません。

一時的に給料が上がったとしても、また給料が下がる可能性があります。

残業して給料が増えたとしても、残業しなければ給料は減ります。

 

今回はもらえるお金を増やす方法ではなく、時給を上げる方法をお伝えします。

 

 

 

 

サラリーマンの時給を最速で上げる方法

サラリーマンの時給を最速で上げる方法とは「有給休暇を使う」ことです。

有給を全て使っているという人は今回紹介する方法は使えません。

しかし、時間の使い方という点では参考になるでしょう。

また世の中のサラリーマンの方で、有給を全て使えている方は少数派ではないでしょうか。

 

このブログを最後まで読んだ方は、ぜひ今月1日分の有給を使ってみましょう。

 

 

時給を上げるためにまず、すべきことは、自分の時給を知ることです。

パート・アルバイトじゃないから自分の時給がわからないという方もいるでしょう。

安心して下さい。

すぐに計算することができます。

 

昨年の自分の給与明細を出してきて、働いた時間で割れば時給がわかります。

先月の給与明細を出してきて、計算しても良いでしょう。

給与、働いた時間ともに給与明細に記載されているはずです。

 

 

時給とは、1時間働いたらもらえる金額です。

給料÷時間=時給

 

月の給料30万円で1日7時間を21日働いたとします。

7時間×21日=147時間

1ヶ月で147時間働いたことになります。

 

月に21日働いた時の時給:300000円÷147時間=2040円

月に20日働いた時の時給:300000円÷140時間=2142円

 

※働く日にちを減らすことで時給を上げることができる!

 

 

最速で時給を上げる方法のポイントは、働くのではなく、休むことです。

お金の視点だけで考えるのではなく、時間の視点で考えます。

時給を上げようと頑張って働くのも1つですが、休むことで時給が上がることを覚えておきましょう。

有給を1日でも使えば、働く時間が減るので時給がアップします。

 

時間ができれば、今稼いでいる方法より、もっと稼げる方法が見つかるかも知れません。

 

それより今すぐお金が欲しい、お金が本当に必要な人はいるでしょう。

しかし、今、本当に必要なのはお金ではなく、時間が必要な人もいます。

また、時給を出すことで、今の仕事をしていては、将来自分が欲しいお金を手に入れることができないと気づく人もいるでしょう。

 

自分が生きるために、どれくらいお金がいるのか明確にしておきましょう。

自分が今後したいことのために、本当に必要なのはお金か、時間か、それとももっと他のことか考えても良いでしょう。

 

 

有給の使い方に関しては

money-health.hatenablog.com

 を合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

有給を全て使えるようになった時はどうすればいいでしょうか?

その時は他の方法を考えましょう。

定時に帰るのも一つの方法かもしれません。

 

残業なし、定時帰りについては

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

全国630店舗以上!もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】  

 

 

サラリーマンが有給休暇を使い、時給を上げて自由になる

有給を使ってみて、感じることがあるでしょう。

休んでいるのに給料が、あんまり変わっていないことです。

 

今まで休まず一生懸命働いていたのは何だったのでしょう(^^;)

 

休みが増えたことで、自分が本当にやりたことを見つける人もいるでしょう。

休みが増えたことで、ストレスが減って、健康になる人もいるでしょう。

休みが増えたことで、お金を使うようになる人もいるでしょう。

休みが増えたことで、他にお金を稼ぐ方法を探し始める人もいるでしょう。

 

つまり、有給を使ったことで、時給が上がり、自分の自由な時間が増えたということです。

 

今回紹介した方法は、時給を上げたいって方以外にも、給料アップが期待できない、下がる給料に対して何か行動を起こしたいって方にもオススメの方法です。

 

押してダメ(給料が上がらない)なら、引いてみろ(休む)作戦です(^ ^)

 

このブログを最後まで読んだ方は、ぜひ今月1日分の有給を使ってみましょう。

最速で、時給をアップし、少しでも自由になることができます。

 

 

 

 

まとめ

今回は【時間術】サラリーマンの時給を最速で上げる方法「有給休暇を使う」をお伝えしました。

  

今回はもらえるお金を増やす方法ではなく、時給を上げる方法をお伝えました。

 

サラリーマンの時給を最速で上げる方法とは「有給休暇を使う」ことです。

 

時給を上げるために、まずすべきことは、自分の時給を知ることです。

昨年の自分の給与明細を出してきて、働いた時間で割れば時給がわかります。

先月の給与明細を出してきて、計算しても良いでしょう。

給与、働いた時間ともに給与明細に記載されているはずです。

 

 

月の給料30万円で1日7時間を21日働いたとします。

7時間×21日=147時間

1ヶ月で147時間働いたことになります。

 

月に21日働いた時の時給:300000円÷147時間=2040円

月に20日働いた時の時給:300000円÷140時間=2142円

 

※働く日にちを減らすことで時給を上げることができる!

 

 

最速で時給を上げる方法のポイントは、働くのではなく、休むことです。

お金の視点だけで考えるのではなく、時間の視点で考えます。

時給を上げようと頑張って働くのも1つですが、休むことで時給が上がることを覚えておきましょう。

有給を1日でも使えば、働く時間が減るので時給がアップします。

 

 

時間ができれば、今稼いでいる方法より、もっと稼げる方法が見つかるかも知れません。

 

それより今すぐお金が欲しい、お金が本当に必要な人はいるでしょう。

しかし、今、本当に必要なのはお金ではなく、時間が必要な人もいます。

また、時給を出すことで、今の仕事をしていては、将来自分が欲しいお金を手に入れることができないと気づく人もいるでしょう。

 

自分が生きるために、どれくらいお金がいるのか明確にしておきましょう。

自分が今後したいことのために、本当に必要なのはお金か、時間か、それとももっと他のことか考えても良いでしょう。

 

 

有給の使い方に関しては

money-health.hatenablog.com

 を合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

有給を使えば、時給が上がり、自分の自由な時間が増えます。

 

今回紹介した方法は、時給を上げたいって方以外にも、給料アップが期待できない、下がる給料に対して何か行動を起こしたいって方にもオススメの方法です。

 

押してダメ(給料が上がらない)なら、引いてみろ(休む)作戦です(^ ^)

 

このブログを最後まで読んだ方は、ぜひ今月1日分の有給を使ってみましょう。

最速で、時給をアップし、少しでも自由になることができます。

 

 

少しずつ行動することで、時給を上げていきましょう。

行動すれば、確実に時給が上がります。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

 

全国630店舗以上!もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】  

 


スポンサーリンク