お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

医療従事者の電気代を節約して健康になる方法「早寝、早起き」


スポンサーリンク

毎月かかる固定費の一つ光熱費として「電気代」があります。

もっと安くならないかなって思っている方もいるでしょう。

今回は、電気代の節約だけでなく、健康になる方法もお伝えします。

もっと早寝早起きしたいけど、なかなかできないという方にも参考になります。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

目次

 

 

 

 

高い電気代を節約する方法とは?

スマホタブレットやパソコンを使う時間が増えてきており、電気代にかかるお金が増えてきている方も多いのではないでしょうか?

 

新型コロナウイルス感染症の影響もあり、テレワークなどにより自宅にいる時間が増えた方も多いでしょう。

 

電気代を安くする方法の一つとして、今使っている電気会社より安い電気会社に乗り換えるのも一つの方法です。

 

 

●電力会社を比較し、自宅の電気代を節電

電気料金を比較し、最適な電力会社を選ぼう!エネチェンジ

 

 

しかし、電気代を節約するには、他の方法もあります。

今回紹介する電気代を安くする方法は「早寝早起き」です。

 

 

 

 

 

電気代を節約する方法「早寝早起き」の効果

「早起きは三文の徳」ということわざがあります。

意味は、朝早く起きれば、健康にも良いし、それだけ仕事や勉強がはかどったりするので得をするということです。

 

早寝早起きのメリットはそれだけではありません。

早寝早起きすることで、電気代の節約になります。

電気代が節約できる理由を説明していきましょう。

 

外の明るさを利用した節約方法です。

 

夜は暗いので、あらゆる場所の電気をつけなければいけません。

夜は比較的ゆっくりできるので、テレビや、スマホを見てしまいます。

何かと誘惑が多いです。

→電気代がかかる

 

朝は明るいので、あらゆる場所の電気をつける必要がありません。

→電気代がかからない

 

※もちろん季節にもよります。

 

最近気づいたのですが、明るいうちにお風呂に入ってしまえば、お風呂に入る時の電気もつけなくてもいけます。

 

早寝早起きするメリットは、電気代だけではありません。

早く寝ることで、不足しがちな睡眠不足を解消することができます。

早く寝ることで睡眠不足を解消できれば、電気代以上に多くのものを得られることができます。

 

睡眠については

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

 

 

 

電気代節約「早寝早起き」を続けてみて

早寝早起きは電気代の節約というか、健康法です。

電気を使う夜はさっさと寝て、電気を使わなくて良い朝に起きて動き始めます。

電気代の節約効果は、計測していないので不明ですが、電気を使う時間が減っているので、節約できていることは間違いありません。

ところが電気代の節約より、早く効果が得られたものがあります。

 

睡眠不足の解消です。

今までいかに睡眠が足りていなかったか、睡眠が足りている状態がどれほど快適か実感できるようになりました。

 

早寝早起きすることは、時間を効率よく使うという意味でも重要です。

早く起きて、あなたが本当にするべきことからやってしまいましょう。

 

早く寝ることができない人なら、○時になったら、電気が消えてしまうっていうのも良いかも知れませんね。

それまでにやるべきことをやろうっていう気持ちになります。

 

 

僕は医療従事者でリハビリ・運動指導の専門家の理学療法士です。

僕も色々早寝早起きする方法を試しました。

夜遅くまで起きていた習慣の人が、いきなり早く寝る習慣にするのは難しいです。

実際に僕も早寝早起きの習慣にするまで時間がかかりました。

 

しかし、電気代は一生かかるものです。

健康・体とは一生付き合っていかなければなりません。

 

お金を節約する面からも早寝早起きを実践してみはいかがでしょうか。

早寝早起きを少しずつ習慣化して、健康になり、大切なお金も守っていきましょう。

 

 

 

 

 

まとめ

今回は電気代を節約して健康になる方法「早寝、早起き」をお伝えしました。

 

電気代を安くする方法の一つとして、今使っている電気会社より安い電気会社に乗り換えるのも一つの方法です。

 

 

●電力会社を比較し、自宅の電気代を節電

電気料金を比較し、最適な電力会社を選ぼう!エネチェンジ

 

 

今回紹介した電気代を安くする方法は「早寝早起き」でした。

外の明るさを利用した節約方法です。

 

夜は暗いので、あらゆる場所の電気をつけなければいけません。

夜は比較的ゆっくりできるので、テレビや、スマホを見てしまいます。

何かと誘惑が多いです。

→電気代がかかる

 

朝は明るいので、あらゆる場所の電気をつける必要がありません。

→電気代がかからない

 

※もちろん季節にもよります。

 

早寝早起きするメリットは、電気代だけではありません。

早く寝ることで、不足しがちな睡眠不足を解消することができます。

早く寝ることで睡眠不足を解消できれば、電気代以上に多くのものを得られることができます。

 

電気代は一生かかるものです。

健康・体とは一生付き合っていかなければなりません。

 

お金を節約する面からも早寝早起きを実践してみはいかがでしょうか。

早寝早起きを少しずつ習慣化して、健康になり、大切なお金も守っていきましょう。

 

 

少しずつ行動し、手元に残るお金を増やしていきましょう。

継続すれば確実にお金が貯まります。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

 

 

  


スポンサーリンク