お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

【実践編】コロナウイルス対策「フェイスシールド」を仕事で使った感想


スポンサーリンク

新型コロナウイルス対策として、様々な商品が出ています。

テレビでもフェイスシールドをつけている方がいます。

あなたは、フェイスシールドをつけたことがありますか?

フェイスシールドを買おうか迷っている方がいれば、ぜひ参考にして下さい。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

目次

 

 

 

 

新型コロナウイルス感染症対策を続ける

主な感染対策としては

 

・手をこまめに清潔にします。

石けんで手を洗うか、手指消毒用アルコールで手を消毒します。

 

・咳やくしゃみをしている人から安全な距離を保ちます。

 

・対人距離を維持できない場合はマスクをします。

 

・自分の目、鼻、口に触ってはいけません。

 

・咳やくしゃみをするときは、肘の内側またはティッシュペーパーで鼻と口を覆います。

 

・具合が悪いときは自宅にいるようにします。

 

・発熱や咳があり、呼吸が苦しい場合は、医師の診察を受けてください。

 

が挙げられます。

 

 

新型コロナウイルス感染拡大はまだ止まりません。

感染対策を、油断せずに続けたいものです。

 

新型コロナウイルス対策に関しては

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

今回は、新型コロナウイルス対策としてたくさんの物がありますが、フェイスシールドを使ってみたのでお伝えします。

 

 

新型コロナウイルス感染症対策「フェイスシールド」

「フェイスシールド」を実際につけている人を見たことはありませんが、テレビの様子を見ていると、つけている方も増えてきているようですね。

フェイスシールドの効果を挙げます。

 

●フェイスシールドの効果

 

フェイスシールドは、相手の方からの咳、くしゃみの飛沫が本人の目に入るのを防ぐために使用するもので、自分の唾液や痰が相手に飛ぶのを防ぐための物ではありません。

医療現場では、フェイスシールドは感染者と直接接するリスクの高い場所で、あくまで医療用マスクや防護服、手袋などと併用されているものです。

 

マスク装着の理由は飛沫を飛ばさないことです。

 

大阪府医師会より

 

 

大きく分けると、フェイスシールドは相手からの感染を防ぐもの、マスクは自分からの飛沫を防ぐものと考えて良さそうです。

つまり、フェイスシールドしていたら、マスクしなくていいっていうのは違うようです。

 

 

フェイスシールドをリハビリ現場で使ってみた感想

職場にフェイスシールドが準備されていたので、仕事で初めて使ってみました。

ついでに僕自身はリハビリの仕事をしていて、クライアントが高齢者や、持病のある方がほとんどです。

日頃から感染対策に最新の注意を払って生活しています。

 

フェイスシールドをつけて、普通に過ごす分には問題ありませんでした。

マスクとフェイスシールドを装着し、リハビリを開始しました。

 

最初は、フェイスシールドをしていても問題ありませんでした。

しばらくすると、とにかく暑いです。

 

仕事では、自分が動くし、しゃべると自分に声が跳ね返ってくるので、想像以上に暑いです。

 

僕はリハビリの精度が落ちると判断し、相手の了承を取り、フェイスシールドを外しました。

10分も装着時間はあったでしょうか。

 

普段からフェイスシールドや、かぶり物をされて仕事されている方は本当に頭が下がります。

 

フェイスシールドは、暑い夏で、リハビリの仕事では使いづらかったです。

とはいえ、何があるかわからないので、いつでも使えるようにフェイスシールドを引き続き持ち歩きます。

僕が装着した、フェイスシールドを紹介しておきます。

 

 

 

ゴムでつけやすかったのですが、僕の顔には小さかったです。

あと顔と、シールドの距離が近いです。

 

 

このフェイスシールドを使いました。

スペースが広く、つけ心地は悪くありませんでした。

 

 

●インターネットショッピングで「フェイスシールド」を見る 

Amazon.co.jp: フェイスシールド

楽天市場:フェイスシールド

ヤフーショッピング:フェイスシールド

 

 

まとめ

今回は【実践編】コロナウイルス対策「フェイスシールド」を仕事で使った感想をお伝えしました。

 

●フェイスシールドの効果

フェイスシールドは、相手の方からの咳、くしゃみの飛沫が本人の目に入るのを防ぐために使用するもので、自分の唾液や痰が相手に飛ぶのを防ぐための物ではありません。

医療現場では、フェイスシールドは感染者と直接接するリスクの高い場所で、あくまで医療用マスクや防護服、手袋などと併用されているものです。

 

マスク装着の理由は飛沫を飛ばさないことです。

 

 

大きく分けると、フェイスシールドは相手からの感染を防ぐもの、マスクは自分からの飛沫を防ぐものと考えて良さそうです。

 

 

実際に、リハビリ現場でフェイスシールドを使ってみました。

マスクとフェイスシールドを装着し、リハビリを開始しました。

最初は、よかったのですが。

とにかく暑かったです。

仕事では、自分が動くし、しゃべると自分に声が跳ね返ってくるので、想像以上に暑いです。

 

僕はリハビリの精度が落ちると判断し、相手の了承を取り、フェイスシールドを外しました。

10分も装着時間はあったでしょうか。

 

フェイスシールドは、暑い夏で、リハビリの仕事では使いづらかったです。

とはいえ、何があるかわからないので、いつでも使えるようにフェイスシールドを引き続き持ち歩きます。

僕が装着した、フェイスシールドを紹介しておきます。

 

 

 


●インターネットショッピングで「フェイスシールド」を見る 

Amazon.co.jp: フェイスシールド

楽天市場:フェイスシールド

ヤフーショッピング:フェイスシールド

 

 

引き続き、コロナウイルス感染対策していきましょう。

自分自身や身の回りの健康、命を守っていきましょう。

継続すれば、確実に予防できます。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

money-health.hatenablog.com

 

 

 






 


●インターネットショッピングで「フェイスシールド」を見る 

Amazon.co.jp: フェイスシールド

楽天市場:フェイスシールド

ヤフーショッピング:フェイスシールド


スポンサーリンク