お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

理学療法士がオススメする健康グッズ「ヨガマット」


スポンサーリンク

買った健康グッズを使っていますか?

健康グッズを買ったけど、全然使っていないという物も多いのではないでしょうか。

 

運動の専門家が買ってよかった健康グッズを紹介します。

健康グッズが欲しい、でも何を買ったらいいかわからないという方も是非参考にして下さい。

健康グッズの使い方も紹介しています。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

  

目次

 

 

 

 

 

健康グッズはいる?いらない?

僕はリハビリ・運動指導の専門家の理学療法士です。

運動を指導するだけでなく、様々な運動をしてきました。

様々な運動をしてきてわかったことがあります。

基本的に健康グッズはいらないということです。

 

健康グッズを買う前に、健康になるためにできることが他にあるからです。

健康グッズを買っても、使わないからです。

健康グッズを最初は使っても、だんだん使わなくなるからです。

 

買っても使わないということは、お金の無駄使いとなります。

買っても使わないということは、ゴミになります。

あなたの家にも使っていない健康グッズがありませんか?

たくさんの自宅を訪問させて頂きましたが、使っていない健康グッズをたくさん見てきました。

 

そんな僕ですが、健康グッズを買って、使い続けている物があるので紹介します。

 

今回紹介する健康グッズは、「ヨガマット」です。

 

 

 

 

 

健康グッズ「ヨガマット」とは?

●ヨガマットとは?

ヨガマットは、エクササイズとしての現代のヨガサナ練習中に手足が滑るを防ぐために使用される特造されたマットです。 

ウィキペディアより

 

 

ヨガマットは、クッション性にやや欠ける一方、グリップ性が高く足元がぐらつきにくいため、不安定なポーズもとりやすいというメリットもあります。

標準的な厚さ、適度なクッション性もありながら丸めれば持ち運びにも困らないので、ジムやスタジオ用にも使えます。

 

ヨガ教室に通うなら必須のアイテムです。

ヨガをするならレンタルするか、購入を勧められるでしょう。

 

ヨガマットは柔らかいので、硬い床に座ったり、寝たりしたときに体が痛くなるのを防げます。(手や膝や肘を着いたときに、痛くありません)

 

 

 

 

●ヨガマットをネット通販で見る 

Amazon.co.jp: ヨガマット

楽天市場:ヨガマット

 

 

ヨガについては

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

 

 

 

ヨガマットをどう使う?使い道

僕自身がヨガマットを買ったきっかけは、施術(リハビリ・治療)の練習をするためです。

後に、ストレッチ、ヨガ、トレーニング用に使うようになりました。

 

ただのマットなのですが、思わぬメリットがあります。

ヨガマットを持っている人ならわかってもらえるのではないでしょうか。

 

ヨガマットを敷くことで、体を動かさそうとスイッチが入ります。

硬い床だと体が痛いので、体を動かそうという気がしません。

 

僕のヨガマットはどんな物を使っているかお伝えします。

僕は、ヨガマットは8mmと少し厚めのものを持っています。

硬めの床でも、体が痛くなくていいです。

6mmのヨガマットでも悪くないですが、6mmだと薄いです。

 

 

 

 

 

●ヨガマットをネット通販で見る 

 

Amazon.co.jp: ヨガマット

楽天市場:ヨガマット

 

 

家でヨガ、ピラティス、ストレッチ、体幹レーニングをしたい方にもオススメです。

体を施術するときに、寝る場所がないときにも使えます。

屋外でヨガをするときにも使えるでしょう。

 

ヨガマットの本来の用途と違うのですが、屋外で使う敷物の代わりにもなります。

ピクニック、花火の時、硬い地面に座って、体が痛い思いをしたことはありませんか?

 

家族で1枚くらい持っておけば、使い回すこともできます。

 

個人的にはヨガは誰にでもオススメする運動です。

ヨガを始めて、続けて、ヨガマットを買って欲しいです。

 

ヨガマットの使い道を挙げておきます。

 

●ヨガマットの使い道

・ヨガ、ピラティス体幹レーニング、ストレッチなどのエクササイズ

・体の施術用

・硬い床に寝るとき

・屋外での敷物

 

 

ストレッチについてはmoney-health.hatenablog.com

 も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

 

 

まとめ

今回は、理学療法士がオススメする健康グッズ「ヨガマット」を紹介しました。

僕は運動を指導する専門家である理学療法士です。

基本的に健康グッズはいらないという考え方です。

そんな考えの僕ですが、使っている健康グッズがあります。

 

それ「ヨガマット」です。

ヨガマットは買って、現在も使っています。

ヨガマットを使って、主にヨガやストレッチをしています。

 

ヨガマットを敷くことで、体を動かさそうとスイッチが入ります。

 

僕は、ヨガマットは8mmと少し厚めのものを持っています。

硬めの床でも、体が痛くなくていいです。

6mmでも悪くないですが、薄いです。

 

家でヨガ、ピラティス、ストレッチ、体幹レーニングをしたい方にもオススメです。

 

ヨガマットの使い道を挙げておきます。

●ヨガマットの使い道

・ヨガ、ピラティス体幹レーニング、ストレッチなどのエクササイズ

・体の施術用

・硬い床に寝るとき

・屋外での敷物

 

 

ヨガマットでのヨガは運動が苦手、運動を始めようという方にはオススメの運動であり、健康法です。

運動の負荷量も調整でき、どこでもできるので、続けやすいです。

 

健康グッズが欲しい、でも何を買ったらいいかわからない、何の運動をしたらいいかわからないという方は、ヨガマットでの運動を始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

●ヨガマットをネット通販で見る 

Amazon.co.jp: ヨガマット

楽天市場:ヨガマット

 

 

 

ヨガマットを買って、健康に目覚めたら安いものです。

健康になれば、病気になりにくいです。

つまり、無駄な医療費もかかりません。

 

 

少しずつ行動していき、健康になっていきましょう。

継続すれば、確実に健康になれます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。
money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 


スポンサーリンク